Semi-monthly report(2019年7月16日-31日)

晴れる日が少なく気温も低い状態で推移した7月は、月末近くになって、急に暑い日が続いている。
糠平湖の水位は1日に20cmほどずつ上昇を続けているものの、タウシュベツ川橋梁が沈むまでにはまだ時間がかかりそうだ。

崩落・第六音更川橋梁の備忘録

2019.7.15
2019.7.15

7月15日、旧国鉄士幌線の廃線跡に残るコンクリートアーチ橋梁群のひとつ、第六音更川橋梁が崩落しているのを確認した。
同橋梁は直径23メートルのアーチ1つと、直径10メートルのアーチを6つ連ねた、全長96メートル。1938年に完成した橋は国の登録有形文化財にも指定されている。

2016年に出版した写文集・ZINE『80年目のアーチ橋』(完売)に収録した橋が崩落したのは初めてだ。

以前から橋脚下が音更川の流れでえぐられていた部分があり、一部が宙に浮いている状態だった。
今回、岩盤に支えられていた橋の側面が滑り落ちるような形になり、それにともなって橋が折れたようだ。

崩落のニュースは、翌日には地元北海道のHBCテレビでも取り上げられた。

2019.7.15
2019.7.15
2019.7.15
2019.7.15
続きを読む

Semi-monthly report(2019年7月1日-15日)

タウシュベツ川橋梁が竣工80年を迎えるのに合わせて、2016年に制作したZINE『80年目のアーチ橋』が完売となった。
クラウドファンディングで頂いた支援による1,000冊限定の写文集。タウシュベツ川橋梁だけでなく、同じ1930年代に建設された旧国鉄士幌線のコンクリートアーチ橋梁群をまとめた資料としては希少なものだと思う。販売は終了となったが、同書は国立国会図書館や帯広市図書館に収蔵されている。

ZINE『80年目のアーチ橋』