タウシュベツ川橋梁展@ジュンク堂書店池袋本店7F理工フロア

今年発売の写真集『タウシュベツ川橋梁』に合わせ、ジュンク堂書店池袋本店7F理工フロアの壁面をお借りしてのタウシュベツ川橋梁展が始まりました。
期間は2018年8月1日(水)-31日(金)まで(最終日は午後4時までです)


ジュンク堂書店

 

会場では2016年に限定製作したZINE『80年目のアーチ橋』も合わせて販売しています。
機会がありましたらぜひお立ち寄りください。


秋に向かう森

夏の盛りを感じさせる濃い緑の森が三国峠の眼下に広がります。

気温10℃ほどとなった今朝。一足早く紅葉の進む葉を見つけました。

空はもう秋の気配を漂わせます。


<タウシュベツ川橋梁展開催中>
2018年8月1日-31日 16時まで
東京・ジュンク堂書店池袋本店7F 理工フロア壁面にて

写真集『タウシュベツ川橋梁』(北海道新聞社)、ZINE『80年目のアーチ橋』(私家本)を販売しています。


再度出現タウシュベツ川橋梁

一度は完全に水没していたタウシュベツ川橋梁ですが、糠平湖の水位低下にともなって再び姿を見せ始めました。

とはいえ、明日から数日は雨予報。降水量によってはあっという間に沈んでしまいそうです。


<タウシュベツ川橋梁展開催中>
東京・ジュンク堂書店池袋本店7F理工フロアにてタウシュベツ川橋梁展を開催しています。
2018年8月1日-31日(入場無料)
会場では写真集『タウシュベツ川橋梁』(北海道新聞社)のほか、限定ZINE『80年目のアーチ橋』も販売しています。
会場以外ではネットショップでも販売中。


雨降る朝のタウシュベツ

水位の下がる糠平湖のタウシュベツ川橋梁上には、流れ着いた倒木が乗っていました。

雨が降ったり止んだりを繰り返す一日。あと数日は雨の降る時間が多くなるようです。

三国峠の眼下に広がる樹海は、心なしか緑が色あせてきたようです。


<タウシュベツ川橋梁展開催中>
写真集『タウシュベツ川橋梁』(北海道新聞社)刊行記念イベントとして、東京・ジュンク堂書店池袋本店7Fにて8月31日まで。


道内最低気温の朝

昨日の雨は、同じ大雪山系の黒岳山頂付近では雪になっていたそうです。
雲の切れた今朝の二ペソツ山にはまだ雪は見えませんでした。

今朝の糠平周辺の気温は4℃弱まで下がり、道内最低気温となったようです。

糠平湖の水面からはけあらしが立ち上っていました。


タウシュベツ川橋梁展は8月31日までです。

現在ジュンク堂書店池袋本店7Fで開催中のタウシュベツ川橋梁展は8月31日午後4時で終了となります。
会場では写真集『タウシュベツ川橋梁』、限定ZINE『80年目のアーチ橋』も販売しています。

今シーズンのタウシュベツ川橋梁は例年になく早く糠平湖に沈み、糠平周辺ではもう秋を感じさせる風が吹いています。


荒天前の空模様

台風が近づいてくる朝の空模様。

標高の高い峠では強い風が吹いていました。

朝晩はもう涼しい風が吹く北海道の山中では木の葉が色づき始めました。


糠平ダム見学ツアー

水位が高く、わずかながら放水も続く糠平湖。
今日はここを管理するJ-POWERのご厚意で地元向けのダム見学ツアーが開催されました。

76メートルの高さがある重力式ダムの、普段は立ち入ることのできない最下部の監査廊へ。

60年以上前に作られたコンクリートダムの最奥部は年間を通じて気温10度前後とのこと。

ダム内の移動はエレベーターなど無く階段のみ。先が見えない高さです。

ダムから移動した後は糠平発電所の内部も見せてもらうことができました。
一分間に300回転という稼働中の水力発電タービン建屋で記念撮影。

子どもよりも大人がはしゃいでしまうような見学会でした。


秋の風に変わるころ

<タウシュベツ川橋梁展は今週金曜日まで>
東京・ジュンク堂書店池袋本店7F理工フロアにて開催中のタウシュベツ川橋梁展は8月31日午後4時で終了となります。


朝から吹いていた涼しい風は日中になっても変わらず、もう夏らしさは感じられなくなりました。

タウシュベツ川橋梁が早くに水没した今シーズンは、周辺のアーチ橋梁群を訪れる人も少なくなっています。
来年の修復工事が予定されている第三音更川橋梁を現在の姿で見ることができる期間は残りわずか。この機会に見ておいても良いかもしれません。