もう半年

早いもので2017年も半分が過ぎます。

2017年1月1日
2017年1月1日

4月に橋の一部が崩落したこともあり、タウシュベツ川橋梁は今年の初めには予想もつかなかったほどメディアへの露出が増えました。
糠平湖の水位が低い今年は、今後もさらに紹介される機会が多くなりそうです。

続きを読む

タウシュベツ川橋梁ライトアップ

昨夜の「報道ステーション」(テレビ朝日)では夜のタウシュベツ川橋梁が紹介されていました。
下記のリンク先で放送を見ることができます。

テレビ朝日

一夜明けた今朝は低い雲が空を覆っていました。

続きを読む

初夏の日射し

朝早くから強い日射しが照りつけます。
夏至を過ぎたとはいえまだまだ日の出は早く、朝6時近くになるともう昼間のようです。

続きを読む

再来?

昨年の同時期には半分ほどが水没していたタウシュベツ川橋梁が、今年はまだ全体が姿を現しています。
ここ2年間で比較すると、今のところの水位は2015年<2017年<2016年といったところでしょうか。
例年のことながら、糠平湖の水位の見通しはなかなか立ちません。

2016年6月25日
2016年6月25日
続きを読む

夏至の朝

タウシュベツ川橋梁の近くまで迫っていた水際が、ここ数日で遠ざかりつつあります。
まとまった雨が降るまでのしばらくは水位の低下が続きそうです。

続きを読む

霧の立ち込める朝のタウシュベツ川橋梁

湖底を覆うように立ち込める霧が、やがて晴れていくまでの朝の短い時間。
静かな良い時間です。

続きを読む

雲晴れず

晴れ予報の朝に低い雲が垂れこめていました。

わずかに朝日が射し込んだものの、日中も曇り空が続き肌寒い日になりました。

続きを読む

湖底 緑に

まだ水に沈まない湖底に草が芽吹き始めました。
このままの水位が続くと、2年ぶりの草原が広がるかもしれません。

続きを読む

水面に映る

糠平湖の水位の上昇がだいぶ緩やかになりました。
橋脚に水面が達するまであと1mほど。それがいつ頃になるのか、なかなか予想がつきません。

続きを読む

シカ住む処

角の生え始めたシカが、住まいにしている廃屋から出てきました。

人の住まいとの距離は10メートル。狭間の土地はシカの餌場になりました。

続きを読む

雲が消えて

雲の隙間から強い日射しが当たる朝になりました。
雨の気配を感じない朝は数日ぶりです。

続きを読む

遠くの山は雪化粧

雨が降り止んだ朝、標高2,000メートルを超える山はうっすらと雪を戴いていました。

ここしばらく、なかなかすっきりと晴れない日が続いています。

続きを読む

水面静かに

今にも雨が降り出しそうな、風のない朝でした。

こんな朝には橋もよく映り込みます。

続きを読む

昨年よりも少し遅れて

続きを読む

霧が晴れて

早朝の気温は2℃まで下がり、湖岸は霧に包まれていました。

続きを読む

久々の好天

昨年9月に発売したZINE『80年目のアーチ橋』は完全限定製作です。
売り切れ次第販売終了となりますのでご了承ください。

早朝に垂れこめていた雲が消えて、久しぶりにニペソツ山が姿を現しました。

続きを読む