去年今年

氷点下まで冷え込んだ寒い朝になりました。

昨年の今日は雪が降っていたので、やはりゴールデンウィークの連休が過ぎるまでは冬の備えが必要なようです。

2016年4月30日
2016年4月30日
続きを読む

空賑やか

雨が上がったばかりの早朝の空は、もうどこか初夏を思わせるものでした。
けれども気温はまだ一桁前半の肌寒さです。

湖底に解け残った氷は、もう数日のうちには消えてなくなりそうです。

続きを読む

80年目のタウシュベツ川橋梁

今年竣工から80年目の節目の年を迎えているタウシュベツ川橋梁。
冬が終わり、ようやく氷の解ける時期になると崩落が進んでいました。

先月までは兆候も見えなかった側壁が剥がれ落ちている部分もあります。
11連のアーチ構造はもうすぐどこかが崩れるかもしれません。

続きを読む

沸き立つ季節

暖められた畑から立ち昇る春の気配。
気温の上昇を目の当たりにするのはこんな時です。

続きを読む

白い森に漂う雲

解け残った雪を被る森から雲が沸いていました。

続きを読む

夜明けの頃の雪景色

夜中に雪が降ったようで、今朝は再びの雪景色になっていました。
春よりも冬に近づいているような風情が漂います。

続きを読む

今日も雪

例年になく雪の少ない冬が過ぎたと感じていると、雪のよく降る春になりました。
一度は消えた積雪がまた数センチ。

続きを読む

近づく春を待ちながら

昨日の湿った雪は10cmほど積もりました。
今朝になっても木々に着いた雪はそのまま残り、森の景色はさながら冬が戻ってきたようでした。

日中には気温が上がり、また少し春に近づいているように感じられます。

道路にまかれた融雪剤で塩分補給するエゾシカ。
車が近づいても夢中で路面を舐めていました。

続きを読む

春遠く

開き始めた水芭蕉に、音を立てるように雪が降り積もっていました。
季節の進みは足踏みどころか2,3歩あとずさりしたような印象です。

続きを読む

側壁崩落

2017年1月中旬
2017年1月中旬

この冬の間、今にも剥がれ落ちそうに見えていたタウシュベツ川橋梁の側壁が、
数日前に剥がれ落ちていました。

橋の近くまで行けるのは再来週頃になりそうですが、橋梁の劣化は一段と進みそうです。

続きを読む

冬の最中のように

昨日に続き、今日も雪の一日になりました。
糠平周辺だけでなく北海道内各地で寒気の影響による荒れた天候となったようです。

比較的雪の降る日の少なかった今シーズン。
視界が遮られるほど強い雪は久しぶりです。

続きを読む

春に降る雪

数日前からの天気予報通り、夜からの雪が朝までに20cmほど積もっていました。
気温はわずかに氷点下。湿った雪は重く、そしてみるみる厚さを増していきます。

ほぼ垂直にそそり立つダムの壁が白く染まるのも、この時期の雪ならではのことです。

続きを読む

糠平湖底

ほぼ一週間ぶりに糠平湖の湖畔に出てみました。
もう日中の気温がプラスに上がるのが当たり前という時期になりましたが、
それでも冬に数十センチの厚さになった氷はまだ解け残っています。

続きを読む

雪解けを待つ

<4月8日-10日 セール開催中>
オリジナルプリントやポストカード、パズルを販売しています。

http://ryz.thebase.in/

ときおり小雪のちらつく天気になりました。
数日間続いた暖かさに春らしさを感じていたものの、また冬の余韻に逆戻りです。

続きを読む

4月8日-10日 ネットショップでセール開催

タウシュベツ川橋梁の写真をまとめ、初めて製作したZINE『タウシュベツ拾遺』の発行日は2015年4月10日でした。
本はすでに完売となりましたが、出版から2年目ということでセールを企画しました。
ZINE『タウシュベツ拾遺』に掲載している写真を各1点ずつ販売するほか、ポストカードやオリジナルパズルも用意しています。
3日間という短い期間ですが、お時間ありましたらぜひショップをのぞいてみてください。

4月8日~10日
http://ryz.thebase.in/


続きを読む

gentle day

眠気を誘うような穏やかな一日。
スノーシューで歩く森の雪も緩み始め、じゃりじゃりと音を立てるようになりました。

湖上を歩くキタキツネの足取りも、どこか軽やかに見えます。

続きを読む