冬慣れ

12月も早くも数日が過ぎました。
だんだんと雪と霧氷の冬景色に見慣れてくる頃です。


師走の雨

朝からぼそぼそと雨が降り、あたりには霧が立ち込めました。

標高の高い場所では湿った雪となっています。
明朝の気温は氷点下となる予報。路面が凍りそうです。

雨雲が切れた夕方の空に細い月がのぞきました。


雪から風へ

<ZINE『80年目のアーチ橋』販売中です>
タウシュベツ川橋梁をはじめ、1930年代後半に北海道・旧国鉄士幌線に建設された鉄道コンクリートアーチ橋梁群をまとめた写文集です。


夜明け前から湿った雪が降っていました。

午後になり、雪が上がると山から吹き下ろす強風。
いつもの冬の天気になりました。


じわじわと厳寒期へ

風もなく冷え込んだ朝。数日ぶりに氷点下2ケタまで気温が下がりました。

糠平湖の表面を氷が覆い始めました。
明朝はさらに冷え込みが厳しくなるようなので、湖の結氷も進みそうです。


凍りかけの世界

氷と水とが入り混じる短い期間。
もうしばらくで、氷ばかりの景色に変わっていきます。


雪の日

まとまった積雪にはならなかったものの、今日も視界を曇らせるほどの雪が降りました。


成冬

気温も低く、景色は一面の雪。
いよいよ冬らしい風情になってきました。
ちょうど七十二侯では閉塞成冬の頃にあたります。

糠平湖では氷の張る範囲が一気に広がりました。
このままの冷え込みが続けば、あと数日で全面結氷となりそうです。


糠平湖結氷

朝の気温は氷点下16度まで下がり、糠平湖のほぼ全面に氷が張り詰めました。

湖の下流を流れる音更川でも淀みは凍り始めています。


<JR札幌駅でのミニ写真展のお知らせ>
12月19日(月)10時~15時に、JR札幌駅西コンコース北口(観光案内所前辺り)で十勝観光PRが開催されます。
同スペースの一角で写真展『タウシュベツ拾遺』から抜粋したパネルを展示します。


冬深く

冷え込む日が続くと、日ごとに冬が深まるのを実感します。
今朝も-15℃を下回る気温の中フロストフラワーができていました。

日中わずかに積もる雪が降り、止んだ後には白い霧に包まれました。
新雪と霧との境目はあいまいです。


19日(月)はJR札幌駅でミニ写真展です。

来週19日(月)の10時~15時、JR札幌駅で開催される十勝観光PRキャンペーン(十勝総合振興局主催)のスペースで
写真展『タウシュベツ拾遺』から抜粋したパネルを展示します。
詳細はこちら。


昨日の雪の後も穏やかな天気が続き、今朝の樹海はまだ雪景色でした。

結氷した糠平湖上をそぞろ歩くキタキツネ。
人が乗れるようになるまでには、もう少し時間がかかりそうです。


華氏0度

朝の気温は-20℃近くまで下がり、一気に真冬の様相となりました。
今年1月に日経ナショナルジオグラフィック誌でも掲載された、
厳寒の光景を切り取ったシリーズ『華氏0度』。今シーズンもそろそろ続きを撮れそうです。

National Geographic


来週19日(月)にJR札幌駅で開催される十勝観光PRキャンペーンの情報が北海道じゃらんの公式ブログでも紹介されています。
北海道じゃらん

当日は写真展『タウシュベツ拾遺』から抜粋したパネル展示も行います。
機会がありましたらぜひ足をお運びください。

12月19日(月) 10時~15時 JR札幌駅西コンコース北口


厳寒の朝に

今朝も-20℃近くまで冷え込み、空中にはダイヤモンドダストが揺らめいていました。
その中に浮かぶ虹彩。不思議な現象は厳寒の土地ならではのものでした。


来週19日(月)、JR札幌駅にてミニ写真展を行います。
一日限りの展示で10時~15時の短い時間ですが、タイミングが合いましたらぜひ会場にお越しください。
JR札幌駅西コンコース北口 観光案内所前辺りのスペースで展示しています。


JR札幌駅での展示が終わりました。

昨日はJR札幌駅で十勝総合振興局の主催する十勝観光PRキャンペーンが行われました。
そのスペースの一角で『タウシュベツ拾遺』のパネルも、一日限りの展示をしてきました。

ゆるキャラとのコラボは中々ないことです。

短い時間でしたが多くの方々に足を運んでいただけました。

展示作品を収録したZINE『タウシュベツ拾遺』は完売となりましたが、
今年9月に製作した2冊目のZINE『80年目のアーチ橋』はまだ販売しています。


SHOP


雪の降る前に

結氷した糠平湖の氷が厚さを増し、ところどころでアイスバブルを見ることができました。
午後から降り始めた雪は夕方には10センチほど積もり、明日まで降り続ける予報が出ています。
氷は深い雪の下に埋もれそうです。


雪のあと

昨日は北海道内各地で大雪となりました。
糠平周辺でも40センチ近い積雪があり、雪の止んだ今朝になっても森は真っ白いまま。

あまり大雪に見舞われることのない十勝にあって、深い新雪の積もった景色は新鮮に映ります。


-20℃

まだ明るくなる前の温泉街では街灯にライトピラーが浮かび上がりました。
空気中のダイヤモンドダストによって見られる現象は厳寒の土地ならではです。


冬のタウシュベツ川橋梁

昨年の今頃はまだ水面がのぞいていた糠平湖の結氷が進み、
タウシュベツ川橋梁も氷上に姿を現してきました。

年明け1月2日からは地元ガイドセンターのタウシュベツ川橋梁ツアーも始まるようです。

コンクリートの劣化は一段と進んでいるように見えました。


雪降る森

厳しい冷え込みが一段落。大粒の雪が山に降っていました。


霧氷とサンピラーの朝

よく冷え込んだ今朝はあちこちで霧氷を見ることができました。

第三音更川橋梁ではサンピラーも。