山は雪、里は紅葉

11月の初め。
標高によって景色の彩りはだいぶ違っていました。


15cm

いつの間にか本降りとなった雪が、夕方には15cmほど積もりました。
そろそろ根雪になるかもしれないと思わせる積もり方です。

先月、まだ紅葉の残る時期に糠平周辺で収録された番組が明日夜8時から放送となります。

NHK「北海道中ひざくりげ」(全道放送)
11月4日(金)20時~放送予定

9月に発売したZINE『80年目のアーチ橋』にも収録した旧国鉄士幌線のコンクリートアーチ橋も登場する予定です


早めの雪景色

<ZINE『80年目のアーチ橋』販売中>
近年竣工80年を迎える旧国鉄士幌線のコンクリートアーチ橋梁群をまとめた写文集を販売しています。
2016年9月発売、限定製作のため売り切れ次第販売終了となります。

11月に入ったばかりの時期に、もう山はすっかり雪景色になりました。

道路も圧雪アイスバーン。

十勝平野ではカラマツの黄葉と雪景色が見られました。


40cm超

昨日からの雪が積もり続け、今朝には40cmを超えました。
11月初旬としては記録的な大雪で景色はすっかり真冬の様相です。


雪から雨へ

午前中に降っていた雪が、日中にはみぞれに、そして雨に変わるような天気でした。


冬のような日

白い空から雪が吹きつけて、真冬を感じさせる日が続きます。


昨夜も雪模様

昨夜のうちに15cmほどの雪が新たに積もり、森の景色はいよいよ冬めいてきました。

雪を降らせた雲は消えて、夕方には満月間近の大きな月が昇ってきました。


満月の日

スーパームーンとも言われる大きな月の見える日は曇天になりました。

昨日の満月前夜は良い夕景だったのですが。


雨上がり

積もった雪の上に、昨夜から今朝にかけて雨が降りました。
湧き上がった霧が辺りを覆います。

水辺にはいくつもの動物の足跡が続いていました。


雪のちらつく

<ZINE『80年目のアーチ橋』販売中です>

タウシュベツ川橋梁をはじめ、近年竣工から80年を迎えるコンクリートアーチ橋梁群をまとめた写文集です。
限定製作のため売り切れ次第販売終了となりますことご了承ください。

西の空に沈む月が薄い雪雲を透かして見えました。

日中の気温もあまり上がらず、カラマツも葉を落とし始めました。


ふたたび冬景色

ここ数日の暖かさから、急に冬が戻ってきたような寒さです。

雪の消えかけていた森も再び冬景色に変わりました。


<ZINE『80年目のアーチ橋』が北海道新聞で紹介されました>
北海道新聞Web

 

ZINEはネットショップにて販売中です。


-14℃

<ZINE『80年目のアーチ橋』販売中です>

限定製作のため売り切れ次第販売終了となりますことご了承ください。

朝の気温が-14℃まで下がり、流れの緩やかな淀みには水面に薄氷が浮かびました。


真冬景色

昨日に続いて氷点下2ケタまで冷え込みました。
どこを見ても冬景色が広がるけれど、まだ11月。この冬は長く感じられそうです。


冬の朝焼け

盛大に焼けた朝の空を映して、雪面も赤く染まりました。

夜明け前の空には細い月。


冬本番へ

冷え込みの厳しくなった朝、木々の枝に霧氷が付きました。

夜明けの空の色も冬のものです。

明日から12月。いよいよ冬本番となりそうです。