氷点下の5月初日

5月に入っても気温は低く、今朝も水が凍る寒さになりました。

気温は低いものの、北海道の5月らしい空が広がりました。

まだ朝の7時前という時間帯でも、タウシュベツ川橋梁ツアーで連休の現地は賑わっています。

橋の表面はいっそう凹凸が目立つようになりました。
今シーズンも、アーチは持ちこたえるのでしょうか。


霜降る朝

-3℃まで気温の下がった今朝、糠平湖底は霜で白く染まっていました。

それでも日が昇るとみるみる気温は上がり、橋の影を残して霜が消えていきます。

明日日中の最高気温は20℃を超えるとの予報。この時期の寒暖差には驚かされます。


雨がぼそぼそと落ちる日になりました。

夕方になると雲が大きく動き始め、

その切れ間から西日が射し込むと、橋の上に濃い虹が架かりました。


氷の湖

裏の山を越えた向こう側、然別湖には今朝も氷が残っていました。

今日も雨が降ったり止んだりを繰り返す一日でした。
連休中は橋の周辺も賑やかです。


ときおり強くなる雨に打たれ、エゾシカも毛についた水滴を払っていました。


雨上がり

雨の止んだ朝は空気が澄み、山がひと際近く見えました。

明日はまた雨の予報。
変わりやすい天気が続きそうです。


ヒト時々キタキツネ

雨が降ったり晴れたりと、目まぐるしく天候の変わる日が続きます。

夕方、人気のなくなった雨の湖底をキタキツネが歩き回っていました。

タウシュベツ川橋梁は来年で竣工80年。
同時代の橋梁群と比較すると、やはり劣化が目立ちます。


糠平点景

雨雲が流れては晴れ間が広がる変わりやすい天候が続きます。
日中は木々が大きくしなるほどの強風となりました。

最近の雨はそれほどまとまった量にはならず、雪解け水の流れる沢の水量もそろそろピークとなりそうです。


5月の日射し

気温は低いものの日射しの強い朝になりました。


夜半から雨予報

土の色がだんだんと乾いてきた糠平湖底ですが、今夜半から明日にかけては雨予報。

雨が上がり、気温が高くなると、そろそろ草が芽吹き始めそうです。

湖の水位も少し上がってくるでしょうか。


寒き さくら哉

冷たい雨の中、山のふもとではようやく桜が咲きました。
今日は日中の気温も一桁から上がらず、寒い一日になりました。
雨が止み気温が上がれば、山も桜の季節になりそうです。


雨あがり

一日降り続いた雨が止んだ後の朝は、雲が賑やかでした。

山では少しずつ緑が増え、つつじも咲き始めました。


ZINE『80年目のアーチ橋』製作プロジェクトがスタートしました。

竣工から80年となるタウシュベツ川橋梁をはじめとしたコンクリートアーチ橋梁群の写文集を製作するプロジェクトです。
ぜひプロジェクトページをご覧いただければ幸いです。

https://readyfor.jp/projects/arch-bridge

寒暖差20℃

《クラウドファンディングのお知らせ》

タウシュベツ川橋梁をはじめ、竣工から80年を迎える旧国鉄士幌線のコンクリートアーチ橋梁群の
写文集・ZINE『80年目のアーチ橋』製作にあたり、クラウドファンディングを実施中です。
よろしければプロジェクト詳細をご覧いただければ幸いです。

https://readyfor.jp/projects/arch-bridge


まだ肌寒さの残る朝の気温は3℃。
そして日中の最高気温は23℃まで上がりました。

水位の上昇が続く糠平湖では水面がひたひたと湖底を洗っていきます。

今のペースで水位上昇が続くと、橋脚まで達するまであと一週間ほどでしょうか。


初夏の空

《クラウドファンディングのお知らせ》
https://readyfor.jp/projects/arch-bridge

 

昨日READYFORでスタートしたZINE『80年目のアーチ橋』製作プロジェクトに多くのご支援をありがとうございます。
支援者の方全員に、完成したZINEを今年9月中旬頃お届けします。
プロジェクトは来月13日まで続きますので引き続きのご支援どうぞよろしくお願いします。


初夏の間に数日あるかどうかという青空になりました。
標高2,000メートル近い山にはまだ残雪が白く映えています。

湖底を歩く

<クラウドファンディングのお知らせ>
5月13日にスタートしたクラウドファンディングREADYFORでの
ZINE『80年目のアーチ橋』製作プロジェクトが「注目のプロジェクト12件」に選ばれました。
多くの皆さんからのご支援ありがとうございます。
https://readyfor.jp/projects/arch-bridge
ZINE『80年目のアーチ橋』はいただいたご支援での制作が決定しています。
支援者の方には完成したZINEとオリジナルクリアファイルをお届けしますので、ぜひ引き続きのご支援よろしくお願いいたします。


糠平湖の水位は1日で20~30cmほど上がってきました。
この場所も明日には水に浸りそうです。


Semimonthlyタウシュベツレポート(2016/5/1~5/15)


      <クラウドファンディングのお知らせ>
来年2017年に竣工80年を迎えるタウシュベツ川橋梁を中心に、同時代に作られた橋梁群をまとめた写文集・ZINE『80年目のアーチ橋』を製作します。
https://readyfor.jp/projects/arch-bridge



2016年5月1日
2016年5月1日

日陰には4月末に降った雪が解け残る5月の始まりだった。

2016年5月1日
2016年5月1日

朝の気温は氷点下まで下がり、水たまりを薄氷が覆う。

2016年5月2日
2016年5月2日

霜が降りた朝は糠平湖の湖底も真っ白に。

2016年5月4日
2016年5月4日

季節の変わり目は天候もめまぐるしく変わる。
朝から雨が降り、夕方には晴れ間がのぞく。

2016年5月4日
2016年5月4日

雨上がりの空を虹が横切った。

2016年5月6日
2016年5月6日

気温は低いものの5月の日射しは強く、橋の影を濃く落とした。

2016年5月7日
2016年5月7日

今年9月中旬をめどに製作を進めているZINE『80年目のアーチ橋』に収録する橋梁のひとつ、十三の沢橋梁。
タウシュベツ川橋梁と同年代に建設された橋だが、こちらはまだしばらくは持ちそうだ。

2016年5月9日
2016年5月9日

砂礫のつもるタウシュベツ川橋梁の橋脚部分。

2016年5月10日
2016年5月10日
2016年5月12日
2016年5月12日

前日一日中降り続いた雨が染み込み、まだら状になった橋。
劣化したコンクリートがスポンジ状になっているせいか、雨の止んだ後もしばらくは橋から水が滴る。

2016年5月13日
2016年5月13日

雨の後、糠平湖の水位は上昇を続け、水がひたひたと岸を洗っていく。

2016年5月14日
2016年5月14日

5月、初夏の北海道らしい青空が広がる朝は年に数日あるかどうか。
この朝はまさにそんな空になった。

2016年5月15日
2016年5月15日

5月上旬は糠平湖の水位の上昇傾向が続いた。
このままいけば、月末にはまた違った風景が広がっていることになりそうだ。


彩り

北海道の山の中には遅い春と初夏とが踵を接するように訪れます。
モノクロだった景色にだんだんと彩りが増えてきました。

今朝降っていた弱い雨は上がり、明日からはしばらく晴れ予報です。


<クラウドファンディングのお知らせ>
5月13日~6月13日の期間、クラウドファンディングREADYFORにて
ZINE『80年目のアーチ橋』製作プロジェクトを行っています。
ご支援下さった全員に、ZINE『80年目のアーチ橋』とオリジナルクリアファイルをお届けします。


5月の桜

糠平湖の水位が上昇を続け、タウシュベツ川橋梁の橋脚まで達しました。
このペースが続けば今週末頃からは水面に橋の映り込みが見られそうです。

山ではようやく桜が開花しました。
白樺の新緑と山桜。春と初夏とが交じり合う風景です。


《クラウドファンディングのお知らせ》
2016年5月13日~6月13日 23時まで、ZINE『80年目のアーチ橋』製作プロジェクトを実施中です。
ぜひプロジェクト詳細をご覧いただければ幸いです。
https://readyfor.jp/projects/arch-bridge


太陽の赤い朝

どこか霞んだ空模様の朝。昇って来た朝日は夕方のような色合いでした。

糠平湖の水かさは増し続け、風が止むと橋が映り込むほどになりました。

湖底の風景は当分変わり続けそうです。


<クラウドファンディングのお知らせ>
https://readyfor.jp/projects/arch-bridge

今日でスタートから一週間となるZINE『80年目のアーチ橋』製作プロジェクトに、現在までにすでに多くのご支援をいただいています。
プロジェクトは来月13日まで続きます。どうぞ引き続きよろしくお願いいたします。


めがね橋

<南阿蘇村 青いみつばちプロジェクト>

熊本地震で被災した南阿蘇村への支援チャリティに協賛しています。
タウシュベツ川橋梁ポストカードセットの売上が全額寄付されます。他にも魅力的な商品が並んでいますので、よろしければプロジェクトページをご覧ください。

http://kirari38.net/bluebee/index.html


糠平湖の水位が上がり、だんだんとめがね橋らしい風情になってきました。


寒暖差23℃

気温5℃の肌寒い朝から、日中の最高気温28℃の夏日となりました。
この暑さは明日も続きそうです。


<南阿蘇村 青いみつばちプロジェクト>

熊本地震で被災した南阿蘇村への支援チャリティに協賛しています。
タウシュベツ川橋梁ポストカードセットの売上が全額寄付されます。他にも魅力的な商品が並んでいますので、よろしければプロジェクトページをご覧ください。

http://kirari38.net/bluebee/index.html


《クラウドファンディングのお知らせ》
2016年5月13日~6月13日 23時まで、ZINE『80年目のアーチ橋』製作プロジェクトを実施中です。
ぜひプロジェクト詳細をご覧いただければ幸いです。
https://readyfor.jp/projects/arch-bridge


5月に真夏日

ひんやりとした空気の朝から、ぐんぐんと上昇した気温は日中30℃を超えました。
気象庁の記録を辿ると、5月に真夏日となったのはおよそ30年ぶりのことのようです。

糠平湖の水位は現在も上昇中。

山の残雪が消えるまで、この傾向はもうしばらく続きそうです。


〈クラウドファンディングのお知らせ〉
ZINE『80年目のアーチ橋』製作プロジェクトでは支援者の方全員に
・ZINE『80年目のアーチ橋』

・オリジナルクリアファイル
をお届けします。


現在100人を超える皆さんからご支援をいただいています。
プロジェクトは6月13日までです。どうぞ引き続きよろしくお願いいたします。


新緑 山を登る

糠平でも真夏日となるなど5月としては記録的な暑さが数日続き、新緑が山を登ってきました。

これから夏にかけて緑が少しずつ濃くなってくるはずです。

朝夕の路肩には数多くのエゾシカを見かけます。
車の通りが少ないこの時期、道路は動物の往来の方が多いかもしれません。

タウシュベツ川橋梁はだんだんと「めがね橋」らしい風情になってきました。


<クラウドファンディングのお知らせ>
ZINE『80年目のアーチ橋』製作プロジェクトを6月13日まで実施しています。
ご支援下さった方全員に①ZINE『80年目のアーチ橋』、②オリジナルクリアファイルをセットでお届けします。


ZINE『80年目のアーチ橋』

廃線跡の新緑も色濃くなってきました。
9月中旬に発行予定のZINE『80年目のアーチ橋』では、旧国鉄士幌線の廃線跡に残る
1930年代に作られたコンクリートアーチ橋梁群を紹介していきます。
6月13日まで続くクラウドファンディングプロジェクトでは、支援者の方全員に
ZINE『80年目のアーチ橋』とオリジナルクリアファイルをお届けします。

READYFOR


新緑に包まれるアーチ橋

朝から昼前まで弱い雨が降りました。
久しぶりの雨に当たった緑は眩しさを感じるほどです。

9月に製作するZINE『80年目のアーチ橋』には、第二音更川陸橋も登場します。

5月13日から6月13日までの期間、クラウドファンディングREADY FORにてZINE製作プロジェクトを行っています。
すでに多くの方々からご支援をいただき、ZINEの製作は決定いたしました。

支援者の方全員にZINE『80年目のアーチ橋』と、タウシュベツ川橋梁の写真を使ったオリジナルクリアファイルをお届けします。
詳細はプロジェクトページをご覧ください。


さざ波

新緑の木々が揺らして風が吹く朝でした。
さざ波の立つ湖面をしばらく眺めていると、風のはざまの凪いだ湖面に橋が映りました。

空模様はあいかわらず、なかなかすっきりとは晴れ渡りません。


雨上がりの朝

雨上がりの朝、樹海からは雲が湧き、風景は刻々と変わっていきます。


<クラウドファンディングのお知らせ>

ZINE『80年目のアーチ橋』製作プロジェクトを6月13日まで実施しています。
https://readyfor.jp/projects/arch-bridge


青空の下に

糠平湖の水位は橋脚のたもとから1.5mほどまで上がりました。

静かなうねりが湖面を揺らし続ける不思議な朝でした。


30℃→2℃

雨が上がった後、月の光が橋を浮かび上がらせていました。

一週間前の最高気温が30℃だった場所が今朝は2℃。
雪の残る山が朝日に赤く染まると、晩秋のような風情になりました。


緑濃く

この時期としては気温の低い日が続きますが、木々の緑は少しずつ色濃くなってきました。
アーチ橋を包み込むような生い茂り方です。

糠平湖の水位上昇ペースはだいぶ落ち着きました。
まとまった雨が降らなければ、しばらくは湖面に映り込むタウシュベツ川橋梁を見られそうです。


<クラウドファンディングのお知らせ>
READYFORでのZINE『80年目のアーチ橋』製作プロジェクトは残り2週間となりました。
現時点までに130人以上の皆さんからご支援をいただいています。
プロジェクト内容につきましてはREADYFORのプロジェクトページをご覧ください。
https://readyfor.jp/projects/arch-bridge


雨が近づく

朝から雲が垂れこめ、気温の上がらない一日になりました。
日中も時折ぱらついた雨が夜には強くなるようです。ここ数日ほとんど水位の

変わらない糠平湖の水かさは一晩の雨でどれくらい増えるでしょうか。


Semimonthlyタウシュベツレポート(2016/5/16~5/31)

<クラウドファンディングのお知らせ>
クラウドファンディングREADY FORにてZINE『80年目のアーチ橋』製作プロジェクトをおこなっています。
支援者の方全員にZINE『80年目のアーチ橋』とオリジナルクリアファイルをお届けします。
6月13日までのプロジェクトです。どうぞご支援よろしくお願いいたします。

https://readyfor.jp/projects/arch-bridge


<青いみつばちプロジェクト>
熊本地震で被災した南阿蘇村への支援プロジェクトに協賛しています。

http://kirari38.net/bluebee/


2016年5月16日
2016年5月16日

糠平湖の水位は上昇傾向が続き、5月後半の2週間で3メートル近く水かさが増えた。
期間初めには完全に姿を見せていたタウシュベツ川橋梁も、現在は橋脚が1メートルほど水に沈んでいる。

2016年5月18日
2016年5月18日
2016年5月19日
2016年5月19日

5月中旬、空気の霞む日が数日間続いた。
北海道で、昇ってくる朝日が赤く染まっているのを目にするのは珍しい。

2016年5月19日
2016年5月19日

橋脚のたもとが水に浸り始めた。

2016年5月21日
2016年5月21日
2016年5月22日
2016年5月22日
2016年5月23日
2016年5月23日

5月中旬は日中の気温が上がる日が増え、標高1,000メートルほどの三国峠まで新緑が上ってきた。

2016年5月24日
2016年5月24日

ZINE『80年目のアーチ橋』で紹介する旧国鉄士幌線のコンクリートアーチ橋梁群も緑に包まれていく。

2016年5月27日
2016年5月27日
2016年5月29日
2016年5月29日

最高気温が30℃まで上がった一週間後のこの朝、最低気温は2℃まで下がった。
雨上がりの澄んだ夜明け前、ISSが空を横切っていく。

2016年5月29日
2016年5月29日
2016年5月29日
2016年5月29日

冷えた朝にモルゲンロートとけあらし。晩秋を思わせるような朝になった。

2016年5月30日
2016年5月30日
2016年5月31日
2016年5月31日

夏にかけて水位の低い年が2年続いていたので、5月の水面に映るタウシュベツ川橋梁は2013年以来。
水位は微増傾向が続いているので、6月中もまた景色が変わっていきそうだ。