新年あけましておめでとうございます

糠平湖の結氷が例年になく遅いシーズンになりました。
凍結したばかりの湖はまだ氷が薄く、
タウシュベツ川橋梁まで横断していくことができません。

ようやく凍結した糠平湖の氷には
無数の気泡が閉じ込められていました。

発電にともなって水位が下がるにつれて
湖底の切り株が氷を突き破って姿を現します。


湖上風景

湖面を覆う氷に薄く積もった雪の上を
風が吹き抜け、不思議な紋様が一面に広がりました。

厚い部分の氷は10cmほどとなり、
水面の低下に合わせて小さなキノコ氷ができています。

あと数日冷え込みが続けば
湖を横断できるようになりそうです。


御降

この時期にしては気温が高く、夜のうちに降った雪は
どこか初冬を感じさせるものでした。


風雪の景色

雪と風とによって形作られる凍った湖上の風景。

湖の氷はまだ薄く、今日の時点で8cmほどでした。


風吹く森で

ぎしぎしと揺れる木のウロで朝を迎えるフクロウがいました。


氷の湖

気温が下がり切らないせいか、
糠平湖の氷がなかなか厚くなりません。
今朝は静かな夜明けが一転、雪を巻き上げて
山から風が吹き下ろしてきました。


解禁間近

糠平湖でのワカサギ釣りが9日から解禁となる予定です。
まだ20cmに満たないほどの氷にはところどころに
ガス穴が空いていて、うっかり踏み抜くと湖に落ちてしまいます。

今日は地元ガイドセンターのスタッフが
風の強い湖上で危険エリアをロープで囲っていました。
ロープで囲われていない地点でもガス穴が
空いていることがあるので、湖上に出る場合は注意が必要です。


解禁

例年になく結氷の遅れていた糠平湖で
今日からワカサギ釣りが解禁となりました。
まだ夜が明けきらないうちから、
釣り場に向かう人たちの姿が湖上を横切ります。

ワカサギの釣れるポイントにはすでにテント村もできていました。

湖を横断するルートには気泡が多く見られる場所もありました。

タウシュベツ川橋梁は今のところ無事ですが、
ところどころに崩れた砂礫が落ちています。


少雪傾向

雪の少ない冬が続いています。
昨年末に凍結した湖にもほとんど雪が積もらず、
透明な氷が足元に広がっていました。


風雪タウシュベツ

気温はあまり下がらないものの、風が強く吹く朝になりました。

明朝は一段と冷え込みが強くなるようです。


雪の朝

昨夜からの雪は久しぶりにまとまった積雪となりました。

雪雲が消えて朝日が射し込むと、白い湖面に
青いシルエットが浮かび上がりました。


Semimonthlyタウシュベツレポート(2016/1/1~1/15)

<お知らせ>

 

『ナショナルジオグラフィック』2016年1月号に
ポートフォリオ『華氏0度』からの作品が掲載されています。



2016年2月17日~22日

写真展『タウシュベツ拾遺』
札幌市・新さっぽろギャラリーにて開催します。


2016年1月2日
2016年1月2日

例年になく糠平湖の結氷が遅い年となった。
年が明けても、湖に張ったばかりの氷は薄く、
湖上横断が解禁となったのは1月9日のこと。

2016年1月4日
2016年1月4日
2016年1月4日
2016年1月4日

1月4日時点で氷の厚さは8cmほど。

2016年1月6日
2016年1月6日

まとまった雪が降らず、氷の中に
閉じ込められた気泡がいたるところに見られた。

2016年1月9日
2016年1月9日

1月9日に、ようやく氷上ワカサギ釣りが解禁。
日が昇る前から湖上にテント村ができていた。

2016年1月9日
2016年1月9日
2016年1月9日
2016年1月9日

湖上に現れたタウシュベツ川橋梁は
一段と劣化が進んでいるようだった。

2016年1月10日
2016年1月10日

湖岸には少しずつキノコ氷ができ始めている。

2016年1月12日
2016年1月12日
2016年1月14日
2016年1月14日
2016年1月14日
2016年1月14日

湖の水位は1日で20~30cmのペースで下がっている。
今月末ころには橋梁の大部分が氷上に現れそうだ。

2016年1月15日
2016年1月15日

積もる結晶

気温の低い日が続きます。
今日も日中の最高気温が-10℃までしか上がらず、
空から降る雪は結晶の形のまま積もっていました。

今夜から明日にかけてはまとまった雪が降るようです。


峠を越えて

この辺りでは予報されていたほどの大雪にならず、
北上してくる低気圧による雪は峠を越えたようです。

雪の後に強風が吹き荒れるのはいつものこと。
明日は風の日になりそうです。

すでに平野では風が強く、群れをなすカラスも
あえぐように低空を飛んでいきました。


 

2016年版北海道観光ポスターの1枚に
タウシュベツ川橋梁の写真が選ばれました。
今ならB1サイズのポスターを無料(送料必要)で
送ってもらえるようです。

 

北海道観光振興機構HP



風雪去って

糠平湖の水位は一日20~30cmほどのペースで下がり続けています。
湖上に現れてきているタウシュベツ川橋梁の橋脚は

昨年よりひと際細くなったようで、こうしてみると
きわどいバランスで立つやじろべえの様にも見えました。

強い風の吹いた後には、橋梁のコンクリートにも
雪が吹き付けられています。

橋に近づくと、やはりここに一番に目が行きます。


収録

来週末に北海道内で放送予定のテレビ番組の収録がありました。
それほど長くないコーナーですが、お昼から夕方まで。
終わる頃には冬の太陽がすっかり山に沈んでしまいました。

放送日時は追ってお知らせできる予定です。

番組ではタウシュベツ川橋梁も紹介されます。


モノトーン

気温はあまり上がることなく、止まず積もらず雪が降り続く一日になりました。

白一色の糠平湖上は、わかさぎ釣りで賑わいます。


氷が原

北海道産の流氷が海岸に流れ着いています。
同所の様子を紹介した北海道新聞の記事
今日はYahooトップニュースでも取り上げられていました。

この時期、この場所だけの光景が広がっています。


dolls

ちょっとしたきっかけで、とても興味深いものを見せてもらいました。


キノコ氷とタウシュベツ

<テレビ放送のお知らせ>

2016/1/30 sat. NHK 午前7時30分~

   「おはよう北海道」内の『ぶらり みてある記』にて糠平湖のキノコ氷やタウシュベツ川橋梁が紹介されます。

※北海道内のみでの放送です。


明後日の朝のNHK「おはよう北海道」では糠平湖のキノコ氷と
タウシュベツ川橋梁が紹介される予定です。


キノコ氷とタウシュベツ 2

明日の朝7時30分~のNHK「おはよう北海道」で放送される『ぶらり みてある記』は糠平湖が舞台です。
北海道内のみでの放送ですが、キノコ氷とタウシュベツ川橋梁が取り上げられる予定なので興味のある方はぜひ。

先週の番組収録時よりも糠平湖の水位は下がっています。
タウシュベツ川橋梁は全体の3分の2ほどが氷上に現れました。

橋を支える橋脚はだいぶ劣化しているのが見てとれます。


<テレビ放送のお知らせ>

 2016/1/30 sat. NHK 午前7時30分~

 「おはよう北海道」内の『ぶらり みてある記』にて糠平湖のキノコ氷やタウシュベツ川橋梁が紹介されます。
※北海道内のみでの放送です。


しかりべつ湖コタン

然別湖で先日開村したばかりの、しかりべつ湖コタンへ出かけました。

今朝の気温は氷点下20℃まで冷え込み、名物の氷上露天風呂からはもうもうと湯気が。

まだ建設中のイグルーもあったので、さらに湖上が賑やかになりそうです。


Semimonthlyタウシュベツレポート(2016/1/16~1/31)

<お知らせ>
2016/2/3 wed. NHK 午前11時30分~

   「つながる@きたカフェ」にて糠平湖のキノコ氷やタウシュベツ川橋梁が紹介されます。
1月30日の「おはよう北海道」からの再放送です。北海道内のみでの放送となります。

写真展『タウシュベツ拾遺』
2016年2月17日(水)~22日(月)
10時~19時、入場無料、会期中無休
※作家在廊予定日 17日(水)、21日(日)、22日(月)
北海道札幌市・新さっぽろギャラリー

 

北海道観光イメージポスター(B1サイズ)
4枚組のうちの1枚にタウシュベツ川橋梁が使われています。
北海道観光振興機構のサイトにて、現在無料(送料のみ負担)でもらえるようです。


2016年1月18日
2016年1月18日
2016年1月18日
2016年1月18日

1月も中旬を過ぎると、冬らしく冷え込む日が多くなった。
氷点下20℃近くまで冷え込んだ朝、タウシュベツ川橋梁のコンクリートの表面にもフロストフラワーが見られる。

2016年1月20日
2016年1月20日

1日に30cmほどずつ湖面が下がるのに合わせ、橋の表面が氷に削られていく。

2016年1月20日
2016年1月20日

気温が高めの日が多いせいか、湖面に浮き出た水がなかなか凍らない。
水に濡れたスノーシューには雪がまとわりつき歩くにくくなる。

2016年1月22日
2016年1月22日

この時期、糠平湖を紹介するNHKの収録が行われた。
1度目の放送は1月30日。2月3日の昼の番組で再放送される予定だ。

2016年1月24日
2016年1月24日
2016年1月24日
2016年1月24日

晴天率が高い十勝の冬では珍しく、すっきり晴れる日の少ないシーズンになっている。

2016年1月25日
2016年1月25日

同じ十勝でも、海岸では一味違う風景を見られる。
“ジュエリーアイス”と名付けられた氷の散らばる海岸はこの冬、一躍人気スポットとなった。

2016年1月28日
2016年1月28日
2016年1月29日
2016年1月29日

糠平湖の冬の風物詩・キノコ氷がだんだんと増えてきた。
水位変動の大きい人造湖ならではの光景だ。

2016年1月29日
2016年1月29日
2016年1月29日
2016年1月29日
2016年1月30日
2016年1月30日

然別湖では毎年恒例のしかりべつ湖コタンが始まった。
道内最高所に位置する天然湖での冬のイベント。

2016年1月31日
2016年1月31日

タウシュベツ川橋梁は橋の大部分が氷上に現れた。
1月も下旬になると厳しい冷え込みの日が多くなり、ようやく冬本番といった様相だ。
水位の低い今シーズン、湖を横断して橋まで行くことができるのはあと1カ月ほどだろう。