Semimonthlyタウシュベツレポート(2015/6/16~6/30)

2015年6月16日
2015年6月16日

雨が少なく気温の低い傾向は6月後半も続いた。
一日の最低気温が1桁まで冷え込む日も多い。

2015年6月17日
2015年6月17日

6月中旬と比べると、月末にかけての2週間ほどで
糠平湖の水位も大きく下がった。

2015年6月17日
2015年6月17日

低い雲が湖上を渡る。

2015年6月19日
2015年6月19日
2015年6月20日
2015年6月20日

垂れ込めていた雲が晴れると
どこまでも澄んだ初夏の青空が広がることもある。

2015年6月20日
2015年6月20日

この日はちょうどそんな朝だった。

2015年6月22日
2015年6月22日

天候が変わりやすい日の空は賑やかだ。
朝日に染まる雲が刻々と形を変える。

2015年6月23日
2015年6月23日

湖の水位が下がるのにつれて、湖底に緑が
育ち始めた。18年ぶりと言われた昨年の
景色が再び目の前に広がり始めた。

2015年6月23日
2015年6月23日
2015年6月24日
2015年6月24日

雨は少ないものの、日中と朝晩の寒暖差によって
標高の高い峠では雲海が見られることが多い。

2015年6月25日
2015年6月25日

雲海の下はどんよりとした景色。
日が高くなるとやがて雲が消えていく。

2015年6月26日
2015年6月26日

切れた雲の隙間から射し込む光芒。
周囲を山に囲まれた湖の天候は変わりやすい。

2015年6月29日
2015年6月29日

雲の上と下とで、受ける印象も大きく変わる。

2015年6月29日
2015年6月29日

橋のそばに、エゾシカがやって来ていた。

2015年6月29日
2015年6月29日

つかの間の晴れた空。
そろそろ夏らしい気温が待ち遠しくなる。

2015年6月30日
2015年6月30日

0 コメント

霞む空

どことなく霞んだ空からの日射しが柔らかく橋を照らしていました。
明日からはまたしばらく曇り空が続くようです。


0 コメント

山へ

標高1,600mほどの地点にはまだ雪が残っていました。
ロープウェイの駅から1時間ほどの散策コースを一回り。
糠平からは、ちょうど大雪山系の裏側に当たる山は
やはり雰囲気も違って新鮮です。


6月限定で販売中の写真プリントは
注文受付が残り3日間となりました。
http://ryz.thebase.in/

700冊限定のZINE『タウシュベツ拾遺』も
切れ目なくご注文をいただいています。
こちらは売り切れ次第販売終了となります。


0 コメント

雨降らず

昨年よりもだいぶ糠平湖の水位の低い状況が続いています。
週間天気予報でも、この先しばらくまとまった雨はなさそうです。

先日北海道新聞で紹介してもらったおかげで
ZINE『タウシュベツ拾遺』のご注文を多くいただいています。
※売り切れ次第の販売終了となります。


0 コメント

夏草や

白と緑のコントラストがだんだんと際立ってきました。


0 コメント

傍らに住まいたる

何か獲物をくわえた路傍のキタキツネ。

廃墟となった屋内ゲートボール場のエゾシカ。

この時期は動物たちも活発。
いたるところで見かけます。


0 コメント

雲たなびく

少し肌寒さを感じるほど涼しい朝でした。
たなびく雲だけ眺めていると、もう夏が
過ぎてしまったかのよう。

今日の北海道新聞夕刊全道版にて
ZINE『タウシュベツ拾遺』を紹介いただきました。
ご注文も多く頂いています。部数に限りがありますので、
品切れの際はご容赦ください。


0 コメント

白いアーチ橋

乾燥したコンクリートに朝日が当たると
その白さが眩しいほど。
今週の週間予報でも雨が少ないようなので
しばらくは白いアーチ橋の時期が続きそうです。


0 コメント

青と緑のはざまに

明け方にかかっていた雲が消えると
青い空が広がっていました。

今日も曇ったり晴れたりと
変わりやすい天候が続いています。


0 コメント

地元ガイドセンター

今日はひさしぶりに地元ガイドセンターのツアーでお手伝いで
札幌からの日帰りタウシュベツ川橋梁ツアーに同行しました。
まだ列車が走っていた頃を知っているお客さんの話など
聞いていると、どちらが案内をしているのか分からなくなります。

糠平湖の水位が低く、まだ橋の全体が見えている今シーズンは、
夏に向けてツアーの定員が埋まる日が増えそうです。
ガイドセンターツアーのご予約はお早めに。

ひがし大雪自然ガイドセンター

http://www.netbeet.ne.jp/~shizen/


0 コメント

緑化

霧が立ち込める湖底の緑が鮮やかです。
先日の雨にも関わらず、糠平湖の水位は下がり始めました。

昨年、18年ぶりと話題になった緑の景色が
2年続くことになりそうです。


0 コメント

雨に打たれて

土砂降りのにわか雨が降った翌朝。

心なしか、橋脚が少し細くなったように感じられました。


0 コメント

Semimonthlyタウシュベツレポート(2015/6/1~6/15)

2015年6月1日
2015年6月1日

昨年と同様に、糠平湖の水位が低い時期が続いている。

2015年6月2日
2015年6月2日

山の雪ももうほとんど解けたようなので
降水量の多寡が糠平湖の水位に反映される。

2015年6月4日
2015年6月4日

場所によっては、湖底にも緑の部分が広がってきた。
昨年とは天気の傾向が違うようで、まとまった雨には
ならないものの、ときおり降る雨が草木を湿らせている。

2015年6月5日
2015年6月5日

変わりやすい天候を象徴するように
どこか不吉な空模様が広がることも多い。

2015年6月6日
2015年6月6日
2015年6月7日
2015年6月7日

日本各地から梅雨入りの報せが届くころ
北海道では初夏を感じさせる清々しい空が
広がるようになる。

2015年6月10日
2015年6月10日

夜に雨が降り、朝には上がる。
そんな天気が多い年だ。

2015年6月11日
2015年6月11日

雨に洗われた後の空気の透明感は例えようがない。

2015年6月12日
2015年6月12日

橋に巣を作る鳥の数が、今シーズンとくに
増えているような気がする。近づくと
警戒して鳴き始める。

2015年6月13日
2015年6月13日

月の初めにはわずかに見えていた残雪も
ほとんど姿を消した。

一日で天気が大きく変わる日がある。
この日は早朝の青空がにわかに書き曇り、
大粒の雨がひとしきり降った後に
大きな虹が架かった。

2015年6月14日
2015年6月14日
2015年6月14日
2015年6月14日
2015年6月14日
2015年6月14日
2015年6月15日
2015年6月15日

変わりやすい天候は続く。
この日、早朝の快晴から一転し、
糠平では1時間に50ミリを越すにわか雨が降った。


ZINE『タウシュベツ拾遺』は好評をいただき、
残りの販売数は200冊弱となりました。
売り切れ次第販売終了となります。

ネットショップでは6月限定のプリント写真を販売しています。


0 コメント

虹日和

黒い雲が降らせる雨が通り過ぎると、
強く射し込む西日で大きな虹が架かりました。

※この写真をプリント・額装で各1点ずつ販売します。
(今月末までの取扱いとなります)
http://ryz.thebase.in/


残雪消える

標高2,000mほどの山に残っていた雪は
ほとんど消えました。雨の少ない今シーズン、
昨年に続いて乾いた景色が広がりそうです。


0 コメント

水量増えず

橋脚の足元まであとわずかというところで
水位の上昇が止まっています。
昨年はこのくらいから徐々に水位が下がっていった
のですが、今年はどのような展開になるのでしょうか。


0 コメント

早朝二景

まだ日が昇りきらない時間の湖面には
静かな波が寄せていました。

やがて吹き始めた風に霧が晴れ、
日中は青空に白い雲が浮かぶ好天となりました。


0 コメント

不穏な空模様

不安定な大気の状態を反映するような
不穏な雲が広がる夕方になりました。


0 コメント

雨の前

午前中は持ちこたえていた空から
午後になって雨が落ち始めました。
今夜一晩降り続けるようなので
明日には湖の水位が少し上がりそうです。


0 コメント

灰色空

広い空一面に低い雲が垂れ込める朝でした。
各地で梅雨入りが宣言される中、梅雨がない北海道でも
すっきりとしない天気が続く期間があるのですが、
今年もそんな時期が来たようです。


0 コメント

寒風

昨日に続き風の冷たい一日でした。
ときおり雨を降らせる黒い雲の下、
湖岸にはさざ波が打ち寄せていました。


0 コメント

山に雪

山から吹き下ろす風が冷たく感じられる1日でした。
標高の高いところでは季節外れの雪となったよう。

明日の朝はさらに一段と冷え込みが厳しくなるようです。


私家版限定写真集・ZINE『タウシュベツ拾遺』

0 コメント

恵みの雨

昨夜は久しぶりのまとまった雨となりました。
朝の日射しが当たる湖底の緑が
前日よりもひと際眩しく感じられました。


今日の読売新聞朝刊道内面で
写真集『タウシュベツ拾遺』を紹介いただきました。
写真集は記事の通り、ひがし大雪自然ガイドセンター
またはネットショップにて取り扱っています。


0 コメント

予報通り

天気予報がぴたりと当たり、
夕方になって雨が降り始めました。

乾いていた湖底がみるみるうちに
黒く染まっていきます。


0 コメント

新緑から深緑へ

新緑の時期を過ぎ、タウシュベツ川橋梁を
取り巻く森の緑も色濃くなってきました。


<お知らせ>
6月8日(月)NHK帯広放送局お昼11時50分~放送の
「つながる@とかちカフェ」のコーナー内で

タウシュベツ川橋梁の近況が取り上げられる予定です。
十勝管内のみの放送となります。


0 コメント

arch

今にも崩れそうでありながら、
意外と長く立っていそうという、
アーチ橋には不思議な強靭さがあります。


ネットショップにて
星空の下のタウシュベツ川橋梁の
写真5点のプリント販売を行っています。
今回はプリントタイプ、額装タイプ各1点ずつの
限定制作となります。


0 コメント