コンクリートが風化する分、

虚空に伸びる鉄筋が伸びていきます。


0 コメント

越冬

冬を越したタウシュベツ川橋梁の橋脚は
また一段と劣化が進んだように見えます。


残り300冊弱となりました。
タウシュベツ川橋梁へのツアーを行っている
ひがし大雪自然ガイドセンターでも取り扱っています。


0 コメント

春のタウシュベツ川橋梁

タウシュベツ川橋梁への林道が開通となりました。
残雪も氷もほとんど残っておらず、
切株の並ぶ糠平湖底は荒涼とした様相。
しばらくはこうした景色の状況が続きそうです。


0 コメント

雪解け

0 コメント

柱状結晶氷

すこし肌寒かった朝の気温が
昼には25℃を超えました。今年初の夏日です。

糠平湖底に残っている氷もこの気温で
だいぶ薄くなりそうです。

この時期の氷の表面には不思議な紋様が浮かびます。

場所によっては足を乗せると簡単に割れ、
柱状の氷が散らばりました。


0 コメント

湖面明け

最近の暖かさで糠平湖の氷が一気に解け、
湖面に水面が広がりました。
明日の予想最高気温は25℃。わずかに残った雪も
あとしばらくでなくなりそうです。


0 コメント

蝦夷鹿ヶ原

雪の残る山から、エサを求めてエゾシカの群れが
降りてきています。
雪解けがわずかに早く、人の近付けない広場は
エゾシカの牧場のようになっていました。


0 コメント

斑紋様

一日毎に目に見えて雪解けが進みます。
冬場にはワカサギ釣りのテントが並んだ湖にも
少しずつ水面がのぞきはじめました。


0 コメント

遠景タウシュベツ

氷の緩んだ湖の向こうにタウシュベツ。


0 コメント

個展『タウシュベツ拾遺』大阪展が終了しました。

4月10日から16日まで富士フイルムフォトサロン大阪で
開催した『タウシュベツ拾遺』はおかげさまで
4,000人近い皆さまのご来場をいただき、無事に終了しました。

2013年の東京・札幌に続く展示であり、
関西圏では初めての個展となりましたが
当初の予想以上のご反響をいただくことができ、
とてもありがたく思っています。

また次回、新作での個展に向けて準備を始めます。
ご来場くださった皆さま、注目いただいた皆さま
どうもありがとうございました。

展示写真を網羅し、新作を加えて制作した図録
ZINE『タウシュベツ拾遺』をネットショップにて
継続して販売しています。
http://ryz.thebase.in/items/868203


0 コメント

写真展図録・ZINE『タウシュベツ拾遺』ご注文受付中

富士フイルムフォトサロン大阪にて
写真展『タウシュベツ拾遺』が始まりました。

会場限定で販売している図録を
お越しいただけない方向けにネットショップでも
ご注文を受け付けます。
http://ryz.thebase.in/items/868203

0 コメント

風物詩

雪が解け、顔をのぞかせた土から蒸気が
立ち昇っていました。北国の春の風物詩。


写真展『タウシュベツ拾遺』
今週金曜日スタートです。

富士フイルムフォトサロン大阪にて開催
https://www.fujifilm.co.jp/photosalon/osaka/


0 コメント

ゆきしろ

雪解け水が流れ込む沢は
だんだんと幅が広くなってきました。
例年以上に雪の多い冬だったので
残雪が消えるまでまだ時間がかかりそうです。


0 コメント

冬景色

低く垂れ込めた雲から、雪とみぞれと雨とが
かわるがわる降っています。
4月に入り春めいていた景色も
再び冬に戻ってしまいました。


0 コメント