春の空

春のような陽気と空模様。
今日で2月も終わり、
明日一日で糠平湖の湖上立ち入りも禁止となります。


ZINE『タウシュベツ拾遺』取扱中
口コミでご紹介いただき、制作部数700冊のうち
残りは半分ほどとなりました。増刷はありませんので
ご注文はお早めにお願いします。

続きを読む

あと2日

気温があまり下がらないまま冬が終わりそうです。
糠平湖の水位も例年より低い状況が続き、
湖への立ち入りは明後日3月1日をもって
禁止されることになりました。

今日は久しぶりのまとまった雪が30cmほど積もり、
湖上の景色はまた少し変わっていそうです。


続きを読む

footprints

明日はまとまった雪が降る予報。
雪の後には、また違った雪原の風景が見られそうです。


続きを読む

アトサヌプリ

一昨日・昨日と久しぶりの道東へ出かけました。
どこも季節外れの暖かさでしたが、
もっとも気温が高かったのはここでした。


続きを読む

林立

冬も終わりに近づき、キノコ氷の数もピークとなったようです。
先ほど確認したところ、今シーズンの糠平湖の立ち入りは
3月2日(月)以降禁止となるとのこと。
糠平湖の冬シーズンはあと一週間ほどになりました。


続きを読む

タウシュベツ情報

凍結した糠平湖上への立ち入りができるのは
3月8日(日)までとなったようです。
例年よりも水位が低く、氷も薄いシーズンでしたが
予想していたよりは遅くまで氷に乗れそうです。

ただ、氷の下を流れる川が現れ始めたので
まっすぐ湖上を横断すると落ちるかもしれません。
ルートが分からない場合にはガイドセンターツアーに
参加するのが安全そうです。


続きを読む

生える

それまで真っ平らだった湖面が徐々に持ち上がり、
まるで湖底から何かが生えてきているようです。

湖の水位が下がり、ここしばらく暖かな日が
続いているので、まだ2月というのに
だんだんと春の雰囲気を感じるようになりました。



続きを読む

キノコ氷とタウシュベツ川橋梁

キノコ氷が増えてきています。
一方で、例年になく糠平湖の氷が薄く、ところどころに
穴が空いていることもあり、今シーズンの湖立ち入り期間は
短くなりそうです。


National GeographicサイトのDailyDozenにて
新シリーズ『華氏0度』からの写真が取り上げられています。


続きを読む

Semimonthlyタウシュベツレポート(2015/2/1~2/15)

2015年2月2日
2015年2月2日

シーズン初めから湖の水位が低かったので
例年より早く、2月初めには橋のほぼ全体が
湖上に姿を現していた。

2015年2月2日
2015年2月2日

水位の低下に伴って現れるキノコ氷の数も
日毎に増えてきている。

続きを読む

Daily Dozen.FEB 14,2015

先日ZINE『タウシュベツ拾遺』にまとめたタウシュベツ川橋梁に続くテーマの一つ、
『華氏0度』の写真がNa
tional Geographicの編集者が選ぶDaily dozenに掲載されました。
http://yourshot.nationalgeographic.com/daily-dozen/2015-02-14/


ZINE『タウシュベツ拾遺』の取り扱いを始めました。

クラウドファンディングのプロジェクトで制作しました
ZINE『タウシュベツ』の取り扱いをネットショップでも行っています。
4月の写真展・大阪会場にお越しいただけない方には
こちらでお求めいただけます。

http://ryz.thebase.in/items/868203

ZINE『タウシュベツ拾遺』できあがりました。

昨年クラウドファンディングで支援を募った
ZINE『タウシュベツ拾遺』制作プロジェクト
おかげさまで多くのご支援をいただき、目標額を
大きく超える資金を集めることができました。
プロジェクト期間終了後から制作を続けてきましたが、
ようやく印刷から仕上がり、ご支援くださった皆さんに
お届けできることになりました。
今週中にはお手元に到着の予定です。

このZINEには、4月に大阪で開催する写真展
『タウシュベツ拾遺』の展示作品全34点に新作12点を
加えました。A4サイズ全90ページとなっています。
4月10日~16日の期間、
写真展会場の富士フイルムフォトサロン大阪にて
販売を予定していますので、お近くの方は
ぜひ手に取ってご覧いただければと思います。

ひさしぶりの雪

昼過ぎから降り始めた雪が
夕方になってだんだんと激しくなってきました。
今夜半までは降り続く予報なので
ひさしぶりのまとまった降雪となりそうです。

タウシュベツ川橋梁は橋脚の大部分が
氷の上に現れました。


月夜の湖底

糠平湖で見られる冬の風物詩・キノコ氷の数が
増えてきました。雪がほとんど降っていないこともあり、
氷上にぼこぼこと林立する様は、いつもの年と
一味違って見えるようです。


寒暖差20℃の一日

ここ数日、十勝らしい晴天が続いています。
立春を過ぎても朝の気温は-20℃を下回りますが、
一方で日中の気温は0℃近くまで上がりました。

タウシュベツ川橋梁の上に乗っている氷は
少しずつ解けて薄くなり、橋にかかる負担は
軽くなりそうですが、そうして解けた水が
コンクリートに染み込み再び凍結することで
橋の劣化は進んでいきます。


橋脚

橋脚部分の劣化は目に見えて進んでいます。
橋を見上げている短い時間にも、小石ほどの
大きさのコンクリ片がパラパラと落ちてきました。


航空会社AIR DOのサイトDO旅styleで
タウシュベツ川橋梁の写真が紹介されています。
DO旅style


続きを読む