Semimonthlyタウシュベツレポート(2015/1/16~1/31)

2015年1月16日
2015年1月16日

タウシュベツ川橋梁を取り巻く森は深い。
今シーズンは木のウロの一つにフクロウを見かけるようになった。

2015年1月17日
2015年1月17日

雪の少ない冬は続き、前が見えなくなるほどの
降雪はこの日が久しぶりのこと。橋のシルエットが霞んだ。

2015年1月17日
2015年1月17日

キノコ氷の出来具合は順調。

2015年1月18日
2015年1月18日

糠平湖の水位は連日下がり続け、
橋はもう上部半分近くが氷上に現れている。
来月中には橋の全体を見られるだろう。

2015年1月18日
2015年1月18日
2015年1月18日
2015年1月18日

風が吹きぬける糠平湖の湖上には
たまに雪紋が現れる。一面に広がる
こうした紋様を眺めながら橋まで
向かうのもまた楽しい。

2015年1月22日
2015年1月22日

また、この期間中には糠平湖からNHKの中継があった。
メインはタウシュベツ川橋梁、
ではなくキノコ氷。三の沢にて。

2015年1月29日
2015年1月29日

本放送は1月29日朝の全国中継「おはよう日本」と
北海道内中継「おはよう北海道」の二本立て。
前の週になって急遽全国中継が決まったそうだ。
早朝のまだ暗いうちから大勢のスタッフが揃って準備とリハーサル。
生中継は大掛かりだ。
「おはよう北海道」には僕も少しだけ出演した。

2015年1月23日
2015年1月23日
2015年1月24日
2015年1月24日

月の後半には雪の日もあった。ただ降っても長続きせず、
全体としては穏やかな天候が続いた。

2015年1月25日
2015年1月25日
2015年1月25日
2015年1月25日

雪の積もった湖上はよく光を反射し、

半円にも満たない月明かりでも
橋の影がくっきりと浮かび上がる。
満月の夜には昼間のような明るさを感じるほどで、
逆に星を見るには不向きだ。

2015年1月27日
2015年1月27日

雪が少ないだけでなく気温も高めの日が
多い今シーズン、この日は糠平では雨が降り、
標高の高いところでは湿った雪となった。
冬の初めの12月頃に見られるような景色となった1月下旬。

2015年1月29日
2015年1月29日

橋梁目当てで訪れる人も多くなり、
何もない雪の湖上にいつの間にか一筋の
道ができていた。
糠平湖の水位の低下が進んでいるので、
湖上を歩いてタウシュベツ川橋梁まで行けるのは
あと一カ月ほどだろうか。

2015年1月29日
2015年1月29日

0 コメント

いつもの止まり木

西日を浴びるオジロワシが狙っているのは
ワカサギ釣り客が残していくウグイ。テント村を
一望できる切株の上が指定席です。


0 コメント

糠平湖からのテレビ中継のお知らせ。

明日29日朝のNHK「おはよう日本」と「おはよう北海道」で
糠平湖のキノコ氷が紹介されることになりました。

「おはよう日本」は7時30分頃から2分間の生中継、
「おはよう北海道」はその後に続けての放送になるそうです。
北海道版の方には僕も少し出る予定です。

おはよう日本
おはよう北海道

0 コメント

月影

雲ひとつなく星空の広がった昨夜。
まだ半分にも満たない月の光が
ほの明るく橋を照らしていました。


0 コメント

揃い踏み

キノコ氷とワカサギ釣りテントとタウシュベツ川橋梁。
冬の糠平湖名物が並びました。


0 コメント

もうすぐ真円

橋梁のアーチ部分が半分近くまで氷の上に出てきました。
昨年と比べると2週間ほど早いペースで水位が下がっているようです。


0 コメント

キノコ氷

2015年に入って初めての、視界が悪くなるほどの降雪でした。
冬の糠平湖の名物・キノコ氷はだんだんと数が増えています。


0 コメント

暮れゆく森で

森を歩いていて、ふと視線を感じて見上げると
そこに彼らの姿がありました。


0 コメント

Semimonthly タウシュベツレポート(2014/12/25~2015/1/15)

2014年12月25日
2014年12月25日

今シーズンの糠平湖全面結氷は昨年12月25日。
ダイヤモンドダストも現れるような冷え込む日が続き、
昨年とほぼ同じ時期の結氷となった。

2014年12月25日
2014年12月25日

湖から水蒸気が供給されるので、
結氷前に気温が-20℃近くまで下がると
朝日に照らされるダイヤモンドダストが盛大。

2012年12月27日
2012年12月27日

結氷の後、雪が積もるまでの期間は
湖上がスケートリンク状態となる。黒々とした氷の
中には湖底から涌く気泡が閉じ込められ、
足元にも小さな宇宙が広がっているようだ。

足元をのぞきこんでみる。

2014年12月29日
2014年12月29日

日毎に氷が厚さを増し、
そろそろ湖を横断できそうだという時に雪が積もった。

2014年12月29日
2014年12月29日

広い湖のどこかに割れ目があるようで、
そこから染み上がった水が足を濡らす。
氷点下の気温では、スノーシューに付着した
シャーベット状の雪はまたたくうちに重い氷になる。
駐車場から橋梁までは約2キロの距離。着いた氷を
落としながら歩く。

2014年12月29日
2014年12月29日

例年であればまだ氷の下にある橋が、
1年を通じて水位の低かった昨年の名残りで
今シーズンはもうだいぶ姿を現していた。
橋上を覆う氷がふだんよりも薄い分、
今冬は損壊の進行が緩やかかもしれない。

2014年12月31日
2014年12月31日
2014年12月31日
2014年12月31日

12月半ばにまとまった雪が降って以来、
雪かきが必要なほどの積雪はほとんどない。

2015年1月5日
2015年1月5日

年明け5日頃までは厳しい冷え込みが続いた。
気温は毎朝-20℃前後まで下がった。

5日には、昨年行ったクラウドファンディングでの
ZINE『タウシュベツ拾遺』制作プロジェクトの取材で
地元北海道のHBC北海道放送のテレビクルーが糠平入り。
この日撮影されたインタビュー、撮影風景は13日放送の番組
「今日ドキッ!」内で放送された。

2015年1月5日
2015年1月5日
2015年1月12日
2015年1月12日

糠平湖の水位は下がり続け、
現在のところその速さは1日20cm~30cmほど。
一週間で2m近く氷が落ちると、やはり景色も違って見える。

2015年1月12日
2015年1月12日

糠平湖名物と言われるキノコ氷も水位の低下に合わせて
徐々にその数を増やしてきた。これから
2月にかけて、さらに多くのキノコ氷ができあがるだろう。

2015年1月14日
2015年1月14日

橋は現在、もっとも高い部分でおよそ3mほどが
氷上に現れている。

2015年1月15日
2015年1月15日

0 コメント

星の夜

昼間の雲が消え、やがて満天の星空となった昨夜。
気温も-10℃を少し下回る程度と、この時期にしては
冷え込みも厳しくなく過ごしやすい夜になりました。

橋は高いところで3メートルほどの高さまで
姿を現しています。


0 コメント

出現

厚い氷の下からタウシュベツ川橋梁が出てきました。
湖の水位は下がり続けているようで、
ときおり氷の軋む音が湖上に響いています。


0 コメント

氷漂う海

寒い日が続いています。

糠平周辺から山を下った沢水は
やがて十勝川となって太平洋に。
その河口もこの時期には糠平と同等に冷え込み、
凍りついた川面は波に割れて海面を漂います。


3 コメント

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

昨日降った雪がそのまま残っているような
風のない静かな元旦となりました。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

0 コメント