2012年最後の一枚

湖が凍り、そこにひびが入って水が浮き、
それが凍るころに雪が降ると、こんな紋様が仕上がります。 

2012年のブログ更新はこれでおしまいです。
よいお年を。 

0 コメント

御神渡り

わかさぎ釣りが解禁になり、
凍った湖上にあがれるようになった糠平湖。 
その中央を横断するように御神渡りができていました。 

2 コメント

シンプルな風景

結氷した湖に雪が積もり、真っ平らな雪原になっています。

単調な風景に変化をつけるのは光と影とキタキツネの足跡。 

0 コメント

ほぼ全面結氷

糠平湖のほぼ全面に氷が張りました。
あと一週間ほど冷え込みが続くと、上に乗っても
安心できるほどの厚さになります。 

1 コメント

御神渡り?

8割ほどまで氷の面積が広がった糠平湖。
昼夜の寒暖差で伸縮するのと、
水位がだんだんと低下していくのとで
氷にひびが入ることが多いのですが、
今日見つけたひび割れは湖を横断するように続く
なかなかダイナミックなものでした。 

0 コメント

氷上の紋様

氷に走る不思議な紋様を見つけました。
穴の下からは時折気泡が上がってきます。
ガス穴の一種でしょうか。 

0 コメント

しばれの朝

糠平湖の全面結氷まであと少し。
今朝は-18℃まで冷え込みました。 

0 コメント

侘び寂

厳寒期には氷点下30℃近くまで気温が下がる
この辺りでは、水と雪と氷とが織りなす風景を
見られる期間はほんのわずか。
今朝の冷え込みでまた一段と湖の結氷が進みました。 

0 コメント

光粒子

凍りかけの水面が作り出す表情は
冬の楽しみの一つです。 

0 コメント

crack

毎日のように雪が降っています。
湖は凍り始めているのですが、その薄氷の上に雪が積もるので、
今シーズンは氷の造形を撮るのには苦労しそうです。 

0 コメント

凍り始め

糠平湖に氷が張り始めました。
ある程度の厚さになる前の薄氷は
ちょっとした波でも割れて、軽い音を立てて漂います。
あとしばらくすると人が乗ってもびくともしないほどの
厚さになるのですが。 

午後になってまた雪が降り始めました。
今シーズンは本当に雪が多く、春までにどのくらい

積もるのかちょっと想像できません。 

0 コメント

樹海を染めて

12月上旬としては雪の多い冬になっています。
まだ気温が高く、湿った雪の降る時期なので
降るたびに森が白く染まる様子はなかなか見事です。 

0 コメント