夜明けの色

雨上がりの夜明け。
霧の向こうに太陽が昇ると、一時、辺りが黄金色に染まりました。 

What's this?

水位の上昇はほぼ落ち着いたものの
アーチ橋のアーチ部分は水に沈んでしまいました。
元の様子を知らなければ、これが橋だとは思えません・・・。 

風の通り道

鏡のように凪いだ湖面も、ひとたび風が吹き始めると
あっというまに波立ってきます。 向こうからやってくる
風の通り道が目に見えるようでした。 

親子キタキツネ

小雨の降る林道でキタキツネの親子が遊んでいました。
近づいてみると、親ギツネは飛ぶように逃げますが
子ギツネは好奇心からか、振り返りながら歩いていきます。
そのうちに駆け戻って来た親に連れられて森に帰って行きました。 

水面の様子

わずかながら水位の上昇は続いています。
明日の天気予報は雨。降水量によっては
このまま橋が沈んでしまいそうです。 

朝の光

今朝の日の出時刻は3時52分でした。
夜があるようなないような北国の初夏です。 

桜と日食

北海道では金環とはならず部分日食でしたが、
それでも最も大きく欠ける時間帯には陽光が
弱まって夕方のような雰囲気となりました。
糠平の辺りはちょうど桜が満開なので
花見と日食観察を一カ所で楽しめました。 

桜開花

糠平でも、ようやく桜が開花です。 

二重の虹

更新を忘れていましたので、一昨日の朝に
タウシュベツ川橋梁に架かった二重の虹を。
雨が降ったり日が射しこんだりと、目まぐるしく
天候が移り変わっているときには、待つのが吉。 

季節の変わり目

ころころと良く変わる天気の日が続いています。
雨から晴れへと変わっていく途中の空と、
湯気のように白いもやが立ち上る畑。 

さざ波渡る

昨日撮ったままアップし忘れていた一枚。
こまかなさざ波が湖面を埋めていました。 

青空の下のアーチ橋

気温は低いものの空模様は初夏のようになりました。
そしてタウシュベツ川橋梁は間もなく沈みそうです。

ポスターできあがりました。

昨年フォトコンテストで賞をいただいた写真が
十勝・鹿追町の観光ポスターになりました。
とても良い感じに仕上がっています。

限定100枚ということなので目にする機会は
少ないかもしれませんが、掲示してもいいよという方には
鹿追町役場の観光担当から送ってもらえることになりました。
facebookに詳細がありますので
興味のある方よろしくお願いします。 

溜まる流木

先日の大雨で流れ込んだ流木が
湾の中に集まっています。
きれいに水面に映るタウシュベツ川橋梁は
見られませんが、これはこれで珍しい光景です。 

三分の二ほど橋が沈みました。

糠平湖の水位の上昇はだいぶゆっくりになりました。
タウシュベツはまだ水面上に見えています。
このままの状態が続けば良いのですが…
まだ断続的に雨が降るようです。 

初夏の空

雲が立ち込めたり、雨がぱらついたり、
急に晴れてきたりと目まぐるしく変わる天気の一日です。
それを暗示するかのようだった今朝の空。
厚い雲が千切れては流れ、その上には
初夏を感じさせる空が広がっていました。 
まだ桜も咲いていないのですが。 

水位上昇中

タウシュベツ川橋梁のアーチ部分のちょうど半分が
水に沈みました。風が止み、湖面に橋が映り込むと
きれいな円形が浮かび上がります。
このくらいの状態が続けばよいのですが、
湖の水位の上昇はまだ止まりません。 

沈みゆく橋

一昨日から続いた雨が湖に流れ込み、
糠平湖の水位が一気に上昇しました。
2日間でだいたい3~4メートルほど。
タウシュベツ川橋梁の橋脚も水に浸かっています。
今のペースで水かさが増すとあっという間に
完全に水没してしまいそうですが…
どうなるでしょうか。 

西日に照らされて

雲の隙間から差し込む西日が、ひととき、橋を照らしました。
明日からしばらく天気が崩れる予報が出ています。
糠平湖の水位も上がってきているので、ここから
橋を撮れる時期もそろそろ終わりかもしれません。