雲湧き上がる

真冬の空には珍しい、高く、形のある雲が
糠平湖の上に立ち昇っていました。 
夏にこんな雲に出会うとにわか雨が心配になる
ところですが、この雲から降って来たのはやはり雪。
立春も間近とはいえ、この辺りの厳しい寒さは
もうしばらく続きそうです。 

雪と氷の断面図

糠平湖に厚く張った氷の上に雪が積もり、
さらにその雪も凍って2層の塊になっています。
冬シーズンの初めころと比べるとかなり水位が
下がってきたので、湖のあちこちでこんな氷の断面を

見ることができるようになりました。 

月と金星

西の空から迫っていた雪雲が切れると
金星と月が横に並んで見えました。

糠平の今朝の最低気温は-25.9℃。
この寒さはしばらくの間続きそうです。 

木の下に

昨日と今日とで20センチほど雪が積もりました。
木の下は暖かいのか、それともただ疲れているのか、
ぼんやりとしたエゾシカが一頭。 

昇るオリオン

今の時期、ちょうど日が暮れるころになると
オリオン座が昇ってきます。
これほど東の空の低い位置にあるオリオン座を
見られるのもあとわずか。いよいよ冬も佳境に
入って来た感があります。

今日も-20℃。

今朝の最低気温もかなり低く、これで5日続けて
-20℃を下回る朝となりました。こんなに寒い冬は
何年ぶりかのことで、あらためて冬の厳しさが
身に染みています。
ただ、空気が澄むのもこんな朝なんですよね。 

釣り人帰る。

糠平湖のワカサギ釣り。
平日の今日もたくさんのテントが並んでいました。 

厳寒

気温-20℃を下回った朝。
寒さよりも痛さを感じるほどでした。
凛と澄み渡った空気。 

月夜のタウシュベツ川橋梁2

夜になって雲が消えました。
昨夜は隠れていた星も今夜はしっかりと見えています。 

月夜のタウシュベツ川橋梁

十勝は晴れ、旭川は雪という冬によくある天候の
日には、糠平周辺がその境界になることがあります。
今夜もちょうどそんな夜でした。 

明日は晴れ予報ですが・・・

今朝は雪のちらつく天候ながら気温も低く、
氷点下19℃ほどまで冷え込みました。
快晴予報の明朝はどれほど寒くなるのか
今から気にかかります。 

ウグイ狙い

夕方の糠平湖には釣り人が捨てて行ったウグイがあちこちに。
ワカサギを食べてしまうウグイはここでは嫌われ者なのですが、
それを目当てにやってくるのがオジロワシやカラス。
帰り支度を始める釣り人たちをどこかで見張っていたかのような
タイミングで舞い降りてきては獲物をさらって飛んでいきます。 

月昇る。

丸い月がタウシュベツ川橋梁の向こうにぽっかりと
顔を出しました。冬、月明かりに照らされた雪原の
明るさは、初めて体験するときっと驚くほどだと思います。
毎年、シーズン初めの満月の夜には僕も驚いています。 

糠平湖の氷上横断解禁に

糠平湖の氷上横断が解禁になりました。
タウシュベツ川橋梁は上部の一部が氷の上に
顔を出しています。 
橋までの道のりでは、途中何カ所か水の浮いている部分が
ありました。落ちることはないと思いますが、スノーシューなどを
履いた方が安心かも知れません。 

静かな朝

朝の光が降りてくる時間。 
昨日吹き荒れた風がうそだったように静かな朝となりました。

カラスとワシのランデブー

夕方の糠平湖で繰り広げられるカラスとワシの追いかけっこは
毎年この時期の風物詩となっています。 
追いかけているのがカラスで、追われるのがワシ。というのが
少しイメージと違う点かもしれませんが。 

富士山?

一瞬、富士山かと思ってしまう山容。
お正月のせいか、ことさらおめでたい景色に見えました。 

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。
新年1枚目はやはり縁起をかついで
日の出の写真で行きたいと思います。
今年もどうぞよろしくお願いします。