黎明

雲ひとつなく晴れ渡った夜明けは久々でした。
雪を被った標高2,000m近い東大雪の山々が
浮かび上がって見えます。 

 しばらく冷え込む日が続いていましたが
今日の日中は春先を思わせる陽気となっています。
小春日和とはこんな日のことなんですね。 

晴れと雪との境界

十勝の空は晴れていても、山の向こうでは雪が降っているようです。 
冬になるとこんな気象条件のことが多いのですが。
雲をオレンジ色に染めているのは国道の街灯。
民家の灯りがほとんどない土地なので
ことさらに強烈な印象を受けます。 

小雪Today

十勝三股をぐるりと囲む山々が
やっと冬らしい姿を見せ始めました。 
まずまず暦どおりといったところでしょうか。
体感的には、雪がしっかり積もるまでの
ちょうど今時期が一番寒く感じます。 

月が昇れば

氷点下8℃近くまで冷え込んだ朝方、
東の空に月がありました。
細い月を眺めていると、実際の気温よりも
さらに体感的に寒く感じるから不思議なものです。 

雨上がり

昨日は雨が降りました。
今年最後になるかもしれない雨。
毎年のことですが、この時期に聞く雨音には、
春先の最初の雨と同じように特別な気分にさせられます。

雨上がりの今朝は、しっとりとした霧が辺りを包んでいました。 

After 流星群

昨夜は空を見上げている時間の長い夜でした。
朝5時を過ぎて、少しずつ白み始めてきた空から
星が見えなくなり、やがて西の山が赤く染まりました。 

天の川を抜けて

初冬の天の川の横をすり抜けるように
一筋の光跡を残して流星が落ちました。
レリーズを握る手が凍えるほどの寒い夜です。 

今宵はしし座流星群

月が少し明るい夜になりますが、
今夜しし座流星群がピークを迎えるようです。
  http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20111116002&expand&source=gnews

天気予報は晴れ。気温はだいぶ下がるようですが・・・
楽しみです。 

ニペソツ山雪化粧

この山が頂上付近から少しずつ白くなってくると
冬が一歩ずつ近づいてきていることを感じさせられます。 

十勝と上川を結ぶ三国峠は圧雪アイスバーン状態。
次に夏タイヤで走れるのは来年の6月頃でしょうか。 

満月の沈む朝に

夜明け前から沈んでいく月を見ていました。
山に朝日が当たり始めるころ、手前の丘に
どこからともなく牛が1頭2頭と。 

雪待ち。

東大雪の山々に、この時期になってもまだ雪がありません。
いつ降ってもおかしくないほど気温は低くなっているのですが。
週間天気予報には、ちらほらと雪マークが現れるようになりました。 
そろそろ雪化粧の時期でしょうか。 

立冬すぎて

今朝は昨日までと比べても一段と冷え込みました。
撮影時の気温は氷点下4度ほど。
落ち葉にも落ち実(?)にもびっしりと白い霜。
もちろん吐く息も真っ白です。 

糠平湖にて

夜明けの空を映す水面。
風のない朝でしたが、空気はもう冬のものです。 

霧の湖畔

息を吐く音さえ吸い込まれそうな、静かな霧の朝。
沖を飛んでいく水鳥が一羽。 

羽休め

きりっとした冷気に包まれ、けあらしの立ち昇る朝に
水鳥が数羽、静かに湖面に浮かんでいました。 

朝の色

日の出がだいぶ遅くなりました。
空が白み始めるのは5時ころ。赤く染まり始めるのは
それから30分ほど後になってからです。
 
ちょっとした目的を持って撮影に向かう途中で
空がこんな色に染まってくると、ついつい
車を止めてカメラを持ち出してしまうのでした。