夕映えの新緑

先週、津波の被災地で見た瓦礫の山が目に焼き付いているせいか、
今年の新緑が例年になく深く鮮やかに感じられます。
いつもとは少し違う初夏の色。 

糠平近くに咲く桜。
昨日あたりが満開だったようですが
静かに降る雨に落ちる花もいいものでした。

たぶん日本でもっとも遅い部類の桜でしょう。 

そこに橋が

淡いグラデーションの壁紙に張り付くように
アーチ橋がありました。 

先客

まだ風に冷たさの残る早朝の糠平湖。
一匹のキタキツネが歩き回っていました。 

なんとなくめがね橋

タウシュベツ川橋梁の足元まで糠平湖の水位が
上がってきました。1日15~20cmのペースでしょうか。
もうすぐ湖面に映るめがね橋を見られそうです。 

風の通い路

穏やかな朝の糠平湖。
やがて風が吹き始めると湖面にさざ波。
風の通り道が見える一時でした。 

湯気立つ畑

この時期の風物詩、と言ってもいいかもしれません。
日中、高く登った太陽に暖められた畑から湯気が立ち昇っています。 

月が昇りて

あと2日で満月。
 湖の水位はもう少し上がりそうです。

皐月に降る雪

天気予報がぴたりと当たり、早朝から雪が降りました。
湿った雪が地面をうっすらと白く染め、
今が5月だということを一瞬忘れさせるような景色に。
この後、雪は冷たい雨に変わりました。 

今夜

思い描いていた風景が目の前に。

波立つ

糠平湖の湖畔にさざ波が打ち寄せていました。
老朽化の進むタウシュベツ川橋梁の足元まで
水位が達するのはあと1週間ほど後でしょうか。
この波にコンクリートが洗われると、橋がますます脆く
なってしまいそうです。 

久々の日高山脈

久しぶりに出かけた日高山脈を望むスポット。
雪を被った山が連なっていました。 

はずれ予想

昨日、2,3日で沈むだろうと予想した撮影スポットが
昨夜の雨の影響か、今朝には沈んでしまいました・・・。
こういうことがあるから糠平湖はあなどれません。
水辺には小鳥。 

空には(たぶん)アオサギが飛んでいました。


水かさ増して

糠平湖の水位は今のところ1日で10センチほどずつ上昇を
続けています。昨年は驚くほどのスピードで水かさが増し、
あっという間に橋が沈んでしまったのですが、
今年はまだしばらく大丈夫そうです。 

もっとも、この写真を撮ったポイントはあと
2,3日で沈みそうですが・・・。 

湧雲

夜明け前の森を雲が吹き抜けていきます。
日が昇ると瞬く間に消えてしまう光景を見られるわずかな時間。 

トンビ舞う

厚い雲の隙間からときおり日が射す夕方。
タウシュベツ川橋梁の上を一羽のトンビが
いつまでも舞っていました。 

明日は天気が良くなりそうです。 

明日は雪予報

なかなかすっきりと晴れ渡らない春の天気。
明日は天気予報に雪マークがついています。
 毎年GW中に一度は雪が積もるのですが、今年は
明日がその日に当たるのでしょうか。 

雲の王国

猛烈な風が吹き荒れ、山にかかった雲から雪が
飛んでくるような天候。 千切れた雲がいくつも頭上を飛んでいきます。 

冬の糠平湖名物キノコ氷。の新種を発見しました。