夕陽は落ちて

冬の景色に春の日差し

糠平湖の湖底にはまだ厚さ30センチほどの氷と、
それによってできたキノコ氷がありました。
景色は冬でも、日差しはすっかり春。

うっかりサングラスを忘れて歩き回っていたので、 
眩しくてしかたありませんでした。 

冬の間、タウシュベツ川橋梁には凍った湖を横断して
出かけていたのですが、今はそこが川になっています。
10日ほど前にはここも氷の上だったのですが。 


春待つ畑

雪解けを待つ十勝の畑。

春の風物詩の一つに、畑に撒かれる融雪剤が

あるのですが、今春はそうした場面を見かけることも
ほとんどありません。とにかく雪が少ない冬でした・・・。

 と、まとめようとすると突然大雪が降ることが
あるので油断はできないのですが。 

代わりに、最近は落ち穂拾いの白鳥を見かけることが増えました。
畑の土に顔を突っ込んでいる様子は
あまり優雅ではないのですが、これもまた白鳥。 


AM4の風景

午前4時過ぎ。東の空が白み始めました。

南の空を通って国際宇宙ステーションが移動していきます。

ISSと入れ違うように昇ってきたのは、
薄明の中でも際立つ明るさの金星。

山の端から現れてあっという間に高度を上げていきました。 

続きを読む

疾駆

雪の少なかったこの冬、山の奥で十分エサを摂ることができたせいか、
人里でエゾシカを見かけることがあまりありませんでした。

今日は釧路からの帰り道で久しぶりに群れを発見。
この時期だけに撃たれると思ったのか、ものすごい
スピードで逃げて行ってしまいました。 

日暮れに降る雪

日が暮れる頃に雪が降り始めました。
真冬ならあっという間に積もるような降り方でも、
この時期の雪はあまり積もらずに解けていきます。


地面から立ち昇るのは、どちらかといえば雨の香り。 

氷紋

冬の厳寒期には見かけなかった氷の表情。
こんな氷を足元に見つけると、季節が春へと進んでいることを

感じます。とはいえ今朝の気温もまだ氷点下。毎年、この時期に
気を抜いてシモヤケにやられています。 
今シーズンこそは・・・。 

crows

日が暮れる頃、どこからともなく森に帰ってくるカラスたち。

はじめ数羽が空を横切る程度だったのが、またたく間に増えて
しばらくすると空を覆い尽くすほどの数になりました。 


耳を澄ます

人の気配のない夜明け。

寒さに震えながら氷の軋む音を聞く時間は
冬のひそかな楽しみのひとつ。

もうすぐ、水の流れる音が聞こえ始めるはず。


春近く

暖かな日差しの当たる雪の上でまどろむキタキツネ。
目が合うとめんどくさそうに立ち上がり、
トコトコと逃げて行ってまた寝転んでしまいました。

もうすぐ春ですね。 

しかりべつ湖コタン 冬の森コンサート

しかりべつ湖コタンで開催されたコンサートを見てきました。
出演はながいみゆるさん。昨年同所で聞いて以来、二度目のライブ。
バイバイ マイブルー」は名曲だと思います。 

毎年のことですが、しかりべつ湖コタンに作られている
イグルーの完成度の高さには驚かされます。 


風雪に堪える

苦難に耐える比喩表現に「風雪に堪える」というのが

ありますが、実際に風雪に、さらには氷にも堪えている
タウシュベツ川橋梁。砂塵に帰したコンクリートが雪の上に
散らばる様子には、痛々しささえ感じることがあります。