舞う。

小雪のちらつく中をオジロワシが飛んで行きました。
目当てはワカサギ釣り場に残されたウグイなど。

これからカラスと奪い合いです。 

0 コメント

雪面に架かる虹

 きりきりと冷えた氷の湖を歩いているうちに太陽が顔を出しました。
 眩しい雪面の照り返しを見ると、そこには虹が架かっていました。

 空ではなく地面にできた虹。
 何かいいことがあるかも・・・と期待しつつ、明日から札幌取材です。 

0 コメント

オジロワシ

日が暮れる頃になると、ワカサギ釣り客が残していく
ウグイを狙ってカラスが集まってくる糠平湖。

少し離れてその様子を見ているのはオジロワシだ。

じっと佇むさまには貫録すら漂う。 

0 コメント

沈黙の風景

ハンターが置き捨てたエゾシカが冬の川に沈んでいた。
頭上には数羽のオオワシが舞う。

ここは国道に沿って流れる渓流。
おそらく車道から、対岸の斜面にいたシカを撃ったのだろう。

道路からの発砲、残骸の廃棄・・・いくつものルールを侵して
持ち帰った肉はどんな味がするのだろう。 

0 コメント

test

 雪の少ない冬。
 黒々と顔を出す氷を覗きこむと、その下には数十メートルの深遠。 

0 コメント

月明かり

 月明かりが雪を照らす夜。
 青白い光が周囲を包みます。 

0 コメント

Black & White

 テスト投稿です。

2 コメント