Diary

From Hokkaido,Japan


凍る湖とタウシュベツ川橋梁

氷点下の日が続き、糠平湖に張った氷の範囲も広がってきました。

-17℃ほどの冷え込みとなった今朝はサンピラーも見ることができました。

この冷え込みがタウシュベツ川橋梁周辺の結氷を進めていました。


凍る湖

凍り始めの、まだ雪が積もる前の湖面は、どこか別の惑星を思わせます。

タウシュベツ川橋梁も氷に閉ざされようとしていました。



ネットショップ

現在ネットショップでは、限定製作の写文集・ZINE『80年目のアーチ橋』や写真集『タウシュベツ川橋梁』、<本気のシルクスクリーン>タウシュベツ川橋梁トートバッグを販売しています。当サイトのみでの取り扱い商品や限定アイテムは、売り切れ次第販売終了となります。ご了承ください。


大雪の日、閉塞成冬

路面の凍結防止にまかれる塩化カルシウムをエゾシカが舐める光景はこの時期よく見られます。
こうした行動は昼夜を問わないので、車の運転に気を使います。

二十四節気で「たいせつ」、七十二候で「そらさむくふゆとなる」とされる今日。
サンピラーも見られる冷え込んだ朝から、文字通り大雪となりました。糠平では日中だけで積雪が30センチを超えています。

タウシュベツ川橋梁の架かる湾内にはうっすらと氷が張り始めました。

<本気のシルクスクリーン>シルクスクリーン製版のコト制作所とのコラボレーションによるタウシュベツ川橋梁トートバッグは現在、ANA機内誌『翼の王国』12月号でタウシュベツ川橋梁が紹介されているのに合わせた限定カラーも取り揃えています。今月末または品切れ次第販売終了となる商品もありますのでご了承ください。


https://ryz.thebase.in/


結氷は一進一退

風の強い一日になりました。波立つ湖面からは先日の氷が消え、また水面が広がったようです。
徐々に水位が下がる糠平湖ではタウシュベツ川橋梁が再び姿を見せ始めました。

今夜半からは、久しぶりの雪の予報が出ています。


<本気のシルクスクリーン 第二弾>品切れのためお待たせしていたタウシュベツ川橋梁トートバッグの<ナチュラル×レッド>が出来上がりました。


ネットショップ


タウシュベツ川橋梁模型その後

先日地元ガイドセンターによるクラウドファンディングで製作された150分の1タウシュベツ川橋梁模型が、ぬかびら源泉郷郵便局に置かれています。
ここにいつの間にかSLの模型も加わっていました。

SLの隣に戦車が並ぶ日も近いかもしれません。


タウシュベツ川橋梁掲載情報まとめ

先月から今月にかけて、いくつかの媒体にタウシュベツ川橋梁が登場しています。


『旅と鉄道』2019年1月号

Amazonのサイトへジャンプします。

モデルの近藤智美さんが十勝巡り。タウシュベツ川橋梁にもご案内しました。



『月刊 土木技術』12月号

Amazonのサイトへジャンプします。

「アニメと土木」特集でガルパンの舞台としてタウシュベツ川橋梁が紹介されています。
発売前から重版がかかるほどの人気。



ANA機内誌『翼の王国』12月号

 

1ページを使ってタウシュベツ川橋梁が紹介されています。


写真集『タウシュベツ川橋梁』(北海道新聞社)

Amazonのサイトへジャンプします。

手前味噌ですが、今年1月発売の写真集。おかげさまで現在も全国書店で取り扱ってもらっています。


そんなタウシュベツ川橋梁は現在水没中です。

なかなか気温の下がらないこの冬ですが、糠平湖は端から徐々に結氷し始めました。


12月の冬めく森

<お知らせ:ANA機内誌『翼の王国』12月号でタウシュベツ川橋梁が紹介されています>


雪の遅い冬でも、山はだんだんとそれらしい景色に変わってきます。


ガルパンとタウシュベツ川橋梁

発売中の雑誌『月刊 土木技術』12月号が話題になっています。
特集「アニメと土木」が人気を集め、発売前に重版が決まったとのこと。現在も書店では品薄状態が続いているようです。
その特集記事の一つが「ガルパンとタウシュベツ川橋梁」。

人気映画を題材にした論考に写真を提供した縁で献本を頂きました。


<本気のシルクスクリーン 第二弾>
タウシュベツ川橋梁をデザインしたオリジナルトートバッグ第二弾の販売が始まりました。

 

ネットショップ



初冬のタウシュベツ川橋梁

冬の始まりには、山から吹き下ろす風が止まない日が多くなります。
波立つ水面がタウシュベツ川橋梁を洗っていました。

流木の打ち上げられた糠平湖畔は雪ですっかり白くなっています。

国道沿いに見える第四音更川橋梁もすっかり冬の風情です。

来年に補修工事を控えた第三音更川橋梁。待避所として使われていた鉄製の足場は工事で撤去されるそうです。


現在発売中の雑誌『旅と鉄道』2019年1月号では6ページに渡って十勝の鉄道にまつわる観光地が紹介されています。タウシュベツ川橋梁や第五音更川橋梁も載っていますので、書店で見かけた際にはぜひ手に取ってみてください。Amazon等でも販売されています。


Amazonへのリンクはこちら



断続的に雪模様

おもしろいもので、なかなか降らなかった初雪の後は連日雪が続いています。

もうすぐ見飽きる雪景色も、今は新鮮に楽しめます。



タウシュベツ川橋梁をデザインした<本気のシルクスクリーン>トートバッグ
ネットショップで販売しています。