『タウシュベツ日誌 第2号』できあがりました。

2月に行なったクラウドファンディングで進めていた『タウシュベツ日誌 第2号』制作。
先日無事に印刷まで仕上がりました。今回で3冊目となる本は全120ページ。
昨年秋から冬にかけてもタウシュベツ川橋梁が沈まなかったことから、収録写真が多くなりました。
クラウドファンディングの支援者の皆さんへのリターンとしてすでにお手元に届き始めていると思います。

表紙に採用した写真は、アーチから覗く雪を被った森。
タウシュベツ川橋梁の一年間の推移を知る皆さんには、この一枚の珍しさを理解いただけると思います。

裏表紙にも、貴重な写真を採用しています。

さて、いつになく雪解けが早く感じられるこの春ですが、糠平湖にはまだ氷が残っています。

この景色から雪が消えるのは、やはりゴールディンウィーク近くになってからでしょうか。