崩落・第六音更川橋梁の備忘録

2019.7.15
2019.7.15

7月15日、旧国鉄士幌線の廃線跡に残るコンクリートアーチ橋梁群のひとつ、第六音更川橋梁が崩落しているのを確認した。
同橋梁は直径23メートルのアーチ1つと、直径10メートルのアーチを6つ連ねた、全長96メートル。1938年に完成した橋は国の登録有形文化財にも指定されている。

2016年に出版した写文集・ZINE『80年目のアーチ橋』(完売)に収録した橋が崩落したのは初めてだ。

以前から橋脚下が音更川の流れでえぐられていた部分があり、一部が宙に浮いている状態だった。
今回、岩盤に支えられていた橋の側面が滑り落ちるような形になり、それにともなって橋が折れたようだ。

崩落のニュースは、翌日には地元北海道のHBCテレビでも取り上げられた。

2019.7.15
2019.7.15
2019.7.15
2019.7.15
2019.7.15
2019.7.15

以下は、崩落前の記録。


2016.5.30
2016.5.30
2016.4.3
2016.4.3

3年前、ZINE『80年目のアーチ橋』の製作に向けて撮影した第六音更川橋梁。
この時はまだ崩落の様子はない。

2016.4.3
2016.4.3
2017.8.31
2017.8.31

2年前、2017年8月末の様子。浮いた橋脚部分に目が留まった。

この時はNHK ニッポン印象派「鉄路の記憶」の撮影に同行していた。
番組は現在もオンデマンド放送で見ることができるようだ。

2017.8.31
2017.8.31
2017.8.31
2017.8.31
2018.5.28
2018.5.28
2018.5.28
2018.5.28

最後に崩落前の姿を見たのは昨年5月末。この後、いつ崩落したのか、現時点では分かっていない。

上士幌町の所有として国の登録有形文化財にも指定されている第六音更川橋梁。
解体撤去されるのか、修理保存へと向かうのか、今後議論が進められるだろう。