停電のさなかに

9月6日未明に北海道胆振地方で発生した地震は、全道に停電をもたらしました。
現在は復旧に向かっていますが、日常生活や仕事には多大な支障が生じています。

そんなさなか、夜の星空だけはこれまでに街の中で見たことがないほど見事なものでした。
人口7,000人ほどの十勝・本別町の市街地を見下ろす高台からは、電気の届かない家々から漏れる非常用の灯りや車のライトが小さく点々と見えていました。
そして地平線近くまで見える星と頭上の天の川。

この夜、市街地の外れにあるアパートのベランダからも天の川が見えるほどでした。


今回の地震とそれに伴う停電の被害状況から、9月7日に再放送が予定されていたNHK BSプレミアム『鉄路の記憶』は放送が延期されました。
次回の放送予定が決まりましたら改めてお知らせできればと思います。
なお、同番組はNHKオンラインにてインターネットではいつでも見ることができます。