春分の日を前に

一日の気温が0℃を境に上下するようになりました。
解けては再び凍る氷の形は日ごとに変わっていきます。

乾き始めた湖底を強い風が吹くと、細かな砂礫が舞い上がります。
昨年の台風で流れ込んだ泥が堆積しているので、当分は風が吹くたびにこうした状況が続くかもしれません。