厳寒一段落

氷点下10℃ほどの朝の気温があまり寒く感じられないのは、もうだいぶ身体が冬に慣れてきたからでしょうか。
まだ正月3日ということもあってか道路を走る車も少なく、雪が静かに舞う森の景色にいつも以上の静けさを感じました。

ほとんど水の流れない沢筋には、動物がそぞろ歩いた足跡が残っていました。


昨年8月の台風による水の濁りが顕著だった糠平湖では今シーズン、ワカサギがほとんど釣れていません。
地元ガイドセンターも一時ワカサギ釣りツアーを見合わせています。

ひがし大雪自然ガイドセンター