台風10号の痕

台風10号は東北・北海道の各地に甚大な被害を与えました。
十勝でも道路網が寸断され、復旧にはかなりの時間が必要となりそうです。

糠平周辺では、台風にともなって数日間のうちに300mmを超える雨が降り、
一時は国道が通行止めなって陸の孤島となりましたが、現在はそれも解消し、落ち着きを取り戻しつつあります。

8月の月間降水量はおよそ1,000mmとなり、これは少雨だった昨年とほぼ同じ。一年分の雨・雪を合わせた分が一か月のうちに降りました。

陸の孤島状態は解決したものの、層雲峡・旭川方面に至る国道273号は三国峠より先は通行止めのままです。
こちらの開通には一か月以上かかる見通しらしく、原状復帰は当分先のことになりそうです。

今日のブログには、昨日31日と本日9月1日の周辺の様子を写真でまとめました。