朝の雪景色

雪が止んだ朝、日の出近くの空は
マゼンタ色に染まっていました。

風が止むと、満水に近付いた糠平湖の湖面に
雪をかぶった森が映り込みます。

橋はあと上部20cmほどが水面に顔を出しています。

一年を通じて水位の低い年でしたが、
やはりこの時期になると橋が沈むようです。


<お知らせ>
明日22日(日)の北海道新聞朝刊(道東版)にて
タウシュベツ川橋梁の写真が掲載予定です。


今年4月に700部限定制作したZINE『タウシュベツ拾遺』
残り部数わずかとなりました。売り切れ次第販売終了と
なりますのでご了承ください。