日が昇るころ

朝日が昇り始める頃、気温はその日一番低くなります。
水面から湯気のようにけあらしが湧き上がるのも
ちょうどその頃。そしてわずかな間に気温が上がり、
けあらしも消えていきます。