水芭蕉群生

気温の高い日が続き、いつの間にか
満開を迎えていた水芭蕉がもう
ピークを過ぎていました。
一日ごとに景色が変わっていく
あわただしい季節になりました。