秋色の朝

眼下に雲海の広がる朝。遠く阿寒の山並みを
間近に感じるほど空気の澄んだ朝でした。 
昼間の気温は夏のようですが、朝の空は
秋のものに近づいてきたようです。