薄暮の空を抜けて

日没後の空を横切っていく明るい光跡は
国際宇宙ステーションのもの。北天のカシオペア座を貫き、
北斗七星のひしゃくの中へと消えてきました。