皆既への途上

皆既月食の赤銅色も良いのですが、
ちょっと欠け始めたくらいの満月もなかなかでした。
ときおり雲が空を横切る中、月食の初めから終わりまで
眺めていました。