満月の沈む朝に

夜明け前から沈んでいく月を見ていました。
山に朝日が当たり始めるころ、手前の丘に
どこからともなく牛が1頭2頭と。