霧の湖畔

息を吐く音さえ吸い込まれそうな、静かな霧の朝。
沖を飛んでいく水鳥が一羽。