夕空鴉

日が沈み、辺りが暗くなりはじめる頃、
タウシュベツ川橋梁を取り巻く森が震え始めました。

空を埋めるのは、無数に、としか形容しようのないほどの数のカラス。
共鳴する鳴き声が空気の振動となって伝わってきます。

やがて夜の帳がすっかり降りてしまうと、
再び辺りは静寂に包まれたのでした。