ブログカテゴリ:12年02月



28日 2月 2012
流氷探訪に出かけていました。 水平線に引かれた一本の白い線。 風次第で岸に着くこともあれば あっという間に見えなくなることも。
26日 2月 2012
三国峠から見下ろす樹海に突き刺さるように サンピラーが現れました。2月も終わろうというのに まだまだ厳しい冷え込みが続いています。
25日 2月 2012
沖合から寄せてくる緩やかな波のようにも見える 雪の紋様が、地平線まで続く畑の景色に広がっていました。
22日 2月 2012
ひさしぶりに、本当にひさしぶりに 昼間の空気を暖かく感じました。 景色はまだ一面の雪景色ですが、空に浮かぶ雲は どことなく春の風情を漂わせています。
20日 2月 2012
冷たさを感じるだけだった冬の光に 少しだけ暖かさが混じりはじめたように感じます。 とはいえ今朝も気温は-17℃ほど。 冬の終わりと気を抜くにはまだ早そうです。
19日 2月 2012
今朝もしっかりと冷え込みました。 十勝管内のあちこちで気温は-20℃を下回り、 川から立ち昇るけあらしで木々は白く霧氷に 包まれていました。 この冬、ここまで気温が下がるのはあと数日あるかないか。 寒くて良いことはあまりないのですが、それでも なんとなく名残り惜しく感じてしまいます。
18日 2月 2012
この冬何度か撮影している海岸に打ち上げられた氷塊群。 ピークの頃と比べると少し数が減り、透明度の高いものも あまり見かけなくなったような気がします。 これから春にかけて、どのような景色に変わっていくのでしょうか。
16日 2月 2012
日没後の空を横切っていく明るい光跡は 国際宇宙ステーションのもの。北天のカシオペア座を貫き、 北斗七星のひしゃくの中へと消えてきました。
15日 2月 2012
西から近づいてきた低気圧が一つ抜けて行きました。 こういう時、糠平では大粒の雪がしんしんと降り、 その後急激に風が強くなることが多いのです。
14日 2月 2012
昨夜は薄い雲が月にかかっていました。 月が昇るまでは波の音が聞こえるだけだった海岸に 淡い光が届き始めると、足元が柔らかく光を放ち始めました。

さらに表示する