ブログカテゴリ:タウシュベツ川橋梁



20年04月 · 04-04-2020
日中の暖かさで氷が薄くなりつつある糠平湖では、氷上に無数のガス穴が浮かんできました。冬には薄氷と雪に覆われてまず見つけられません。
20年03月 · 03-04-2020
3月後半は例年静かな時期になる。糠平湖の氷が不安定になり、音更川の流れや湖の水面が徐々に見え始めるのもこの時期だ。 今年は加えて、新型コロナウイルスの感染拡大による自粛が続き、こんな山の中でも心なしか例年以上に静けさを感じる。
20年4月 · 02-04-2020
日々変わり続ける北海道の風景の中にあるタウシュベツ川橋梁。橋は、今も立っています。 変わらずに続くと思っていた日常が、ある時を境にまったく違ったものに変わる。 世界は、未来は、もともと見通すことができないものだったのだということに、改めて気づかされるここ最近です。
20年03月 · 30-03-2020
朝は氷点下の寒さ、日中は春を感じさせる暖かさ。そんな気温の上がり下がりを繰り返しながら、季節はたしかに進んでいるようです。
20年03月 · 27-03-2020
これから冬に向かう時期だったら凍えるほどの寒さに感じられるような気温も、冬を過ごした後には暖かく感じられます。これはたぶん、北国で一冬を越して春を迎えたときに誰もが実感することでしょう。
20年03月 · 25-03-2020
今月の初めにはまだ氷の下にあった川の流れが、日ごとに太くなって流れています。 日中の気温はプラスまで上がり、そろそろ雪解け水による増水も加わりそう。
20年03月 · 20-03-2020
糠平湖への立ち入りが禁止となってから早くも2週間が経とうとしています。 その間に、少ないながらも何度か雪が降り、人の足跡はだいぶ消えてきました。
20年03月 · 17-03-2020
今シーズンの糠平湖立ち入りは3月8日で終了となりました。次にタウシュベツ川橋梁まで近づくことができるのは、4月下旬の連休に入ってからです。 崩れそうで崩れない橋は、この冬も持ちこたえました。
20年03月 · 16-03-2020
日を追うごとに湖底に現れてくる音更川。昨年同時期よりも、まだまだ氷の下に隠れている部分が多いようです。
20年03月 · 13-03-2020
2月22日に始まったクラウドファンディングプロジェクトは本日23時で終了です。 https://readyfor.jp/projects/taushubetsu-journal-vol0 開始早々から多くのご支援をいただき、ZINE『タウシュベツ日誌』のパイロット版となるVol.0の制作はすでに決定しています。4月上旬には、支援者の方全員に完成した本をお届けいたします。...

さらに表示する