タウシュベツ川橋梁

名残りの氷
暖かな日が続き、糠平湖底に残る氷も春の文様に変わってきました。 真冬には70~80cmの厚さがあった氷も残りわずかです。
野焼きの煙が漂う季節
十勝平野の雪はすっかりなくなり、季節の風物詩・野焼きを見かけるようになりました。
4月も雪景色
昨日の朝は雪景色。 北海道の山中では冬を過ぎても5月初めころまで雪が降ります。
『タウシュベツ日誌 第2号』できあがりました。
2月に行なったクラウドファンディングで進めていた『タウシュベツ日誌 第2号』制作。 先日無事に印刷まで仕上がりました。今回で3冊目となる本は全120ページ。 昨年秋から冬にかけてもタウシュベツ川橋梁が沈まなかったことから、収録写真が多くなりました。 クラウドファンディングの支援者の皆さんへのリターンとしてすでにお手元に届き始めていると思います。
水音混じりの雪景色
READYFORで行っているクラウドファンディングの締め切りが近づいてきました。 すでに目標額を大きく超える支援をいただいており、『タウシュベツ日誌 第2号』の制作が決定しています。期間中に支援くださった方全員に完成した本をお届けします。 ※限定制作のためプロジェクト終了後のご注文はお受けできません。ご了承ください。...
『タウシュベツ日誌 第2号』制作プロジェクト 残り2週間
2月1日に始まったクラウドファンディングのプロジェクトが残り2週間となりました。 今回は、1年に2~3冊のペースで刊行を予定しているシリーズ『タウシュベツ日誌』の第2号制作に向けてのクラウドファンディングです。 開始早々からたくさんのご支援をいただき、すでに本を制作できることが決定しています。...
もう水の音が
糠平湖に張った氷に割れ目が目立つようになってきました。
雪の朝に
気温があまり低くなく、春に降るような大粒の雪の朝になりました。
なかなかまとまった雪が降らない状況が続いていますが、糠平湖では入り江となった湾内に薄い氷が張り始めました。
8月後半も糠平湖の水位が低い状態が続いた。気温も高く、例年ならばお盆を過ぎれば秋風の吹く北海道でも暑い日が続く。 8月下旬からはREADYFORのクラウドファンディングで『タウシュベツ日誌』シリーズ創刊号制作に向けたプロジェクトが始まった。こちらは9月14日23時までに目標額を達成した場合、支援者の方全員に完成した本をお届けするもの。...

さらに表示する