Semi-monthly report(2019年3月1日-15日)

3月に入ると、日ごとに日射しが力強さを増しているのを実感する。
日中の気温は0℃を上回り、徐々に雪解けが進み、沢から聞こえる水の音は大きくなってきた。

雪が少ない冬。あまりにも降らない雪に、このまま終わるはずはないとどこかに緊張感のあった冬も、本当にほとんど雪が降らないまま終わりそうだ。

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。
長く吹き続いていた風も収まり、糠平は穏やかな元日を迎えました。

糠平湖の結氷は遅れていたもののようやく前面に薄氷が張り、あと一週間ほどで氷に乗れそうな見通しです。

さて、こちらで続けてきたブログですた、今日からしばらくはnoteを使ってみたいと思います。
使い勝手次第でまたこちらに戻って来るかもしれませんが。

タウシュベツ川橋梁の状況など、内容には大きな変更はありません。もしよろしければ引き続きどうぞよろしくお願いします。

https://note.mu/ry0zy

大晦日にようやく

結氷が遅れた糠平湖もようやく今日になってほぼ全面が薄氷に覆われました。

これから雪が積もるまではアイスバブルが見られそうです。

続きを読む

湖上のハスの葉氷

<本気のシルクスクリーン>タウシュベツ川橋梁トートバッグの限定カラーは明日で販売終了となります。

ご注文はネットショップにて。売り切れの際にはご容赦ください。


糠平湖は年末になっても完全結氷せず、強い風に打ち寄せられた氷がハスの葉上に漂っています。

続きを読む

未凍の湖

いったん張った氷はだんだんと厚くなっていく一方で、風の強い状態が続く糠平湖では波立つ水面がなかなか結氷せずにいます。

続きを読む

氷面

<本気のシルクスクリーン>タウシュベツ川橋梁トートバッグ

シルクスクリーン製版のコト制作所とのコラボレーションによるオリジナルトートバッグ。
今月はANA機内誌『翼の王国』12月号へのタウシュベツ川橋梁掲載に合わせて限定カラーも用意しました。
月末で販売終了となる商品もあります。品切れの際にはご容赦ください。
一部商品は北海道・士幌町の道の駅ピア21しほろ、上士幌町のひがし大雪ぬかびらユースホステルでも取り扱っています。

https://ryz.thebase.in/

まだ完全結氷には至らない今シーズンの糠平湖。
雪の日が少ないこともあり、すでに凍った部分には積雪前だけ見られる氷雪の紋様が浮かんでいます。

続きを読む

結氷進まず

今シーズンの冷え込みは例年同時期ほどには厳しくなく、糠平湖の結氷はあまり進んでいません。
ようやく張った薄氷に、今朝の焼けた朝の空が映り込みました。


水位が下がる人造湖ならではの氷風景はちょうど見ごろになってきました。

続きを読む

凍る湖上のタウシュベツ川橋梁

凍った糠平湖の上に少しずつタウシュベツ川橋梁が出てきました。

続きを読む

雪上がりの朝

積もったばかりの雪を太陽が照らす朝。一冬に数度の光景が現れました。

続きを読む

氷点下15℃

12月も半ばに近づき、景色は一段と冬めいてきました。

続きを読む

凍る湖とタウシュベツ川橋梁

氷点下の日が続き、糠平湖に張った氷の範囲も広がってきました。

-17℃ほどの冷え込みとなった今朝はサンピラーも見ることができました。

続きを読む

凍る湖

凍り始めの、まだ雪が積もる前の湖面は、どこか別の惑星を思わせます。

タウシュベツ川橋梁も氷に閉ざされようとしていました。

続きを読む

大雪の日、閉塞成冬

路面の凍結防止にまかれる塩化カルシウムをエゾシカが舐める光景はこの時期よく見られます。
こうした行動は昼夜を問わないので、車の運転に気を使います。

二十四節気で「たいせつ」、七十二候で「そらさむくふゆとなる」とされる今日。
サンピラーも見られる冷え込んだ朝から、文字通り大雪となりました。糠平では日中だけで積雪が30センチを超えています。

続きを読む

結氷は一進一退

風の強い一日になりました。波立つ湖面からは先日の氷が消え、また水面が広がったようです。
徐々に水位が下がる糠平湖ではタウシュベツ川橋梁が再び姿を見せ始めました。

続きを読む

タウシュベツ川橋梁模型その後

先日地元ガイドセンターによるクラウドファンディングで製作された150分の1タウシュベツ川橋梁模型が、ぬかびら源泉郷郵便局に置かれています。
ここにいつの間にかSLの模型も加わっていました。

続きを読む

タウシュベツ川橋梁掲載情報まとめ

先月から今月にかけて、いくつかの媒体にタウシュベツ川橋梁が登場しています。


『旅と鉄道』2019年1月号

Amazonのサイトへジャンプします。

モデルの近藤智美さんが十勝巡り。タウシュベツ川橋梁にもご案内しました。



『月刊 土木技術』12月号

Amazonのサイトへジャンプします。

「アニメと土木」特集でガルパンの舞台としてタウシュベツ川橋梁が紹介されています。
発売前から重版がかかるほどの人気。

続きを読む

沈んだ橋

タウシュベツ川橋梁はほぼ完全水没となりました。

次に姿を現すのは年が明けるころでしょうか。
そのタウシュベツ川橋梁が現在、JALの先得ホームページでトップ画像になっています。
http://www.jal.co.jp/


これを機に地元ガイドセンターが主催する冬のタウシュベツ川橋梁ツアーも予約が早めに埋まるかもしれませんので、
すでに予定が決まっている方は早めに予約をしておいた方が良いかもしれません。
ひがし大雪自然ガイドセンター

続きを読む

初冬と晩秋の境

標高2,000メートルほどのニペソツ山に雪が付きはじめ、標高1,000メートルほどの三国峠では木々が葉を落としています。

さらに標高の低い里では紅葉がそろそろピークを過ぎるころ。
この時期の北海道では初冬から晩秋までを短い移動で体感できます。

続きを読む

霧かかるタウシュベツ川橋梁

雨上がりの朝、低い雲が湖に立ち込めました。

続きを読む

秋晴れ続き

今朝も空は晴れ、空気は冷たく張り詰めました。

今年長く続いていた糠平湖からの放水も数日前に止まり、水位の低下も一段落しています。
これから冬にかけては水位が上昇していくかもしれません。

続きを読む

けあらしの中のタウシュベツ川橋梁

10月も半ばを過ぎ、朝晩は氷点下まで気温が下がるようになりました。
タウシュベツ川橋梁のある糠平湖では水面から湯気のように立ち昇るけあらしが見られます。

続きを読む

霧氷の朝-<タウシュベツ川橋梁オリジナルトートバッグ販売店情報も>

今朝も氷点下まで気温が下がりました。
秋の終わりに葉を落とした木々の枝に真っ白な霜が降りました。

続きを読む

雪の朝から

早朝の三国峠では、垂れ込めた雲から雪が舞っていました。

つい先日まで紅葉に彩られた森も、もうすぐ雪景色に変わりそうです。

続きを読む

150分の1 タウシュベツ川橋梁

150分の1スケールのタウシュベツ川橋梁模型の展示が上士幌町ぬかびら源泉郷郵便局で始まりました。
この模型は、地元ひがし大雪自然ガイドセンターが実物の橋から3Dデータを取得。それを元に、クラウドファンディングで募った資金によって製作されたものです。

マニアックな部分まで、かなり作り込まれています。

平日9時―17時の営業時間中、ぬかびら源泉郷郵便局でいつでも見ることができます。

続きを読む

タウシュベツ川橋梁の秋

全体の9割以上が水没しているタウシュベツ川橋梁。橋が沈む糠平湖は今紅葉に包まれています。

全長130メートルの橋は今年も途切れることなく年を越すのでしょうか。

続きを読む

紅葉は麓へ

標高1,000メートルを超える三国峠の紅葉が散り始めると、糠平周辺の木々が鮮やかさを増します。

続きを読む

霜の降りた朝

タウシュベツ川橋梁オリジナルトートバッグの販売を再開しました。
Webショップ

また、北海道・上士幌町ぬかびら源泉郷の東大雪ぬかびらユースホステルではトートバッグの実物を手に取っていただけます。



今朝は最低気温が0℃まで下がり、ところどころに霜が降りていました。

続きを読む

夜半には台風

三国峠の紅葉がピークに近づいてきました。
今夜半には台風24号が接近する予報。今週も紅葉を見られるかどうかは風雨次第というところです。

少しずつ水位の下がってきた糠平湖ですが、こちらも雨量次第では再び増水するかもしれません。

続きを読む

三国峠の紅葉

紅葉のメッカの一つとして知られる北海道・三国峠。今年の紅葉がそろそろピークを迎えそうです。

続きを読む

オリジナルトートバッグ先行販売最終日

オリジナルシルクスクリーン製版のコト制作所とのコラボレーションで製作したタウシュベツ川橋梁オリジナルトートバッグの先行販売は今日で終了です。
ネットショップ


いったんご注文の受付を中止し、10月上旬頃に価格など改めて販売を再開する予定です。

 


山の紅葉はピークまでもう一歩のところまで来ました。

続きを読む

初冬の気配

糠平では早朝の気温が2℃弱まで下がり、少し標高が高い地点ではもう霜が降りていました。

山の紅葉はピークに近づいているようです。

続きを読む

タウシュベツ川橋梁オリジナルトートバッグ

シルクスクリーン製版のコト制作所とのコラボレーションで、タウシュベツ川橋梁の図柄を配したオリジナルトートバッグを製作しました。
3色・2サイズをネットショップで取り扱っていますので、ぜひご覧ください。
少しお得にお買い求めいただける先行販売は9月24日(月)までの期間限定です。

ネットショップ


タウシュベツ川橋梁展は8月31日までです。

現在ジュンク堂書店池袋本店7Fで開催中のタウシュベツ川橋梁展は8月31日午後4時で終了となります。
会場では写真集『タウシュベツ川橋梁』、限定ZINE『80年目のアーチ橋』も販売しています。

今シーズンのタウシュベツ川橋梁は例年になく早く糠平湖に沈み、糠平周辺ではもう秋を感じさせる風が吹いています。

続きを読む

雨降る朝のタウシュベツ

水位の下がる糠平湖のタウシュベツ川橋梁上には、流れ着いた倒木が乗っていました。

雨が降ったり止んだりを繰り返す一日。あと数日は雨の降る時間が多くなるようです。

続きを読む

再度出現タウシュベツ川橋梁

一度は完全に水没していたタウシュベツ川橋梁ですが、糠平湖の水位低下にともなって再び姿を見せ始めました。

とはいえ、明日から数日は雨予報。降水量によってはあっという間に沈んでしまいそうです。

続きを読む

タウシュベツ川橋梁展@ジュンク堂書店池袋本店7F理工フロア

今年発売の写真集『タウシュベツ川橋梁』に合わせ、ジュンク堂書店池袋本店7F理工フロアの壁面をお借りしてのタウシュベツ川橋梁展が始まりました。
期間は2018年8月1日(水)-31日(金)まで(最終日は午後4時までです)


ジュンク堂書店

 

会場では2016年に限定製作したZINE『80年目のアーチ橋』も合わせて販売しています。
機会がありましたらぜひお立ち寄りください。


雲海広がる朝

久しぶりに朝から晴れ間が広がると、森からは雲が湧き上がりました。

タウシュベツ川橋梁はいよいよ水没しました。
この後糠平湖の水位がどのように変化するのかはまだ見通しが立ちません。

続きを読む

タウシュベツ川橋梁ほぼ水没

7月に入ってからの周辺での降水量が200ミリを超え、糠平湖の水位は月初から7メートルほど上昇しました。
タウシュベツ川橋梁も全体の9割ほどが茶色い水に沈んでいます。

明日の天気予報も雨。水位はもう少し上がりそうです。

続きを読む

梅雨の晴れ間

珍しく長く雨の続く年になっています。7月に入ってからほとんど晴れ間がなく、降水量はすでに昨年7月の倍の200ミリ超。
6℃まで気温が下がった今朝、ようやくわずかな晴れ間がのぞきました。

まとまった雨の影響で糠平湖の水位は月初から5メートルほど一気に上昇しました。
タウシュベツ川橋梁は全体の3分の2ほどが水没しています。

続きを読む

雨のすきまに

梅雨がないと言われる北海道ですが、梅雨前線の影響を受けてすっきりとしない天気が続いています。
今朝はそれでも雨にはならず、湿り気を湛えた静かな曇天となりました。

続きを読む

タウシュベツ七変化

昨日は一日雨が降り続き、今朝の糠平は霧に包まれました。

日が高くなるにつれて消えていく霧。
わずかな時間でめくるめく光景が展開しました。

続きを読む

水位の下がる糠平湖

糠平湖の水位が1日10cmほどの速度で下がっています。

一度は水に沈んでいた湖底からも徐々に水が引いていきます。

続きを読む

天候回復の兆し?

昨夜も一時強い雨が降るなど、なかなかすっきりとした晴天に恵まれない日が続いています。
今朝はひさしぶりに青空がのぞき、雨上がりの空に虹が見えました。

地元ひがし大雪自然ガイドセンターのツアーをはじめ、タウシュベツ川橋梁は朝から賑わっていました。

続きを読む

今朝も2℃

気温2℃の肌寒い朝。湖上には低く雲が垂れ込めていました。

周囲の森から湧き上がる雲。

続きを読む

2℃ー雲が映える朝に

前日山に雪を降らせた雲が流れる朝。
気温は低いものの青空が広がってきました。

続きを読む

6月の雪の朝

ここ数日寒い日が続き、朝晩はストーブを焚くことも多かったのですが、昨夜からは近くの山で雪になりました。

標高1,000メートルほどの北海道・三国峠。

続きを読む

雨が降るまえ

糠平湖の水位がここ数日でわずかに下がりました。
明日・明後日は雨予報。久しぶりのまとまった雨となりそうなので、
今後の水位変動にも影響があるかもしれません。


続きを読む

雨⇔晴

雨と晴れとが交互に現れる朝。
午後からはまとまった雨が降り続いています。

続きを読む

今日も夏日に

少し涼しさを感じる朝、平野は霧に覆われていました。

山では霧も晴れて快晴の空。気温が上がり、今日も夏日となりました。

続きを読む

水位変わらず

<お知らせ>
写真集『タウシュベツ川橋梁』(北海道新聞社)刊行記念写真展を開催します。
2018年8月1日-31日
東京・ジュンク堂書店 池袋本店7F理工書フロア 壁面にて

ジュンク堂書店サイト


糠平湖の水位上昇がほぼ止まりました。
まとまった雨が降ることはしばらくなさそうなので、当分はこの状況が続きそうです。

続きを読む

突然の真夏日が過ぎて

昨日の糠平は最高気温31℃の真夏日となりました。うだるような暑さに、森の緑もひと際色濃くなったようです。
天気予報では、今週末の最低気温は1ケタ。寒暖差の大きな日々はしばらく続きそうです。

糠平湖の水位上昇はほぼ止まりました。タウシュベツ川橋梁の見え具合にはしばらく変化がなさそうです。

続きを読む

雨上がりの雲海と

昨日の雨で湿度を蓄えた森の朝。木々から雲が湧きたちます。

続きを読む

青空の下

5月らしさを感じられる、雲一つない今朝の空とタウシュベツ川橋梁。
糠平湖の水位上昇は落ち着いています。

続きを読む

虹架かる朝

雨上がりの朝、久しぶりにタウシュベツ川橋梁に架かる虹を見ました。

風もなく凪いだ水面に濃い虹が浮かびます。

続きを読む

じわりじわりと

糠平湖の水位は微増傾向が続いています。1日10cm~20cmずつ、タウシュベツ川橋梁が沈んでいきます。

続きを読む

氷点下の朝

気温が0℃を下回る冷え込みとなった朝、湖面には風もなく、空を雲が流れていきました。

続きを読む

雪から一夜

山の頂付近には新しい雪がうっすらと載っています。
昨日同様に気温は低く0℃まで下がった朝、空からは雲が消えて、5月らしい澄んだ空気に満たされました。

雪解け水の流れ込む沢の流れも落ち着いてきました。
しばらくは糠平湖の水位も大きく変動することがないかもしれません。

続きを読む

2年ぶりに

まだ雪が残る二ペソツ山と、水面に映るタウシュベツ川橋梁。
糠平湖の水位が低かった昨年には見られなかった2年ぶりの景色です。

続きを読む

日を追うごとに

糠平湖の水位上昇はまだ止まりません。

今年の湖底を歩き回れる時期は短く終わりそうです。

続きを読む

連日の寒さ

気温がなかなか上がらず、今朝も1℃の冷え込みとなりました。

糠平湖の水位は微増傾向が続いています。

続きを読む

つかの間の快晴

久しぶりに早朝から雲一つない空となりました。
氷点下の澄んだ空気と残雪の山並みは、とくに5月の北海道らしく感じられるものです。

タウシュベツ川を流れる雪解け水の量もだいぶ落ち着いてきました。

続きを読む

シーズン終わりの雪景色

つい先日20℃を超えていた気温も、ここしばらくは早朝に氷点下まで下がっています。
昨夜からの雨は三国峠では雪に変わり、樹海を白く染めていました。

続きを読む

5月の夕暮れ時

雨が降った後に、5月らしい澄んだ夕空が広がりました。
糠平湖の水位は昨年同時期よりもだいぶ高くなっています。


続きを読む

土の湖底

雪解け水の流れ込む糠平湖の水位は徐々に上がってきています。

昨年は秋まで沈むことのなかったタウシュベツ川橋梁。今年はいつ頃まで見られるでしょうか。


続きを読む

曇天

<写真集『タウシュベツ川橋梁』(北海道新聞社)>

北海道・旧国鉄士幌線の廃線跡に残るコンクリートアーチ橋・タウシュベツ川橋梁を10年以上にわたって撮り続け、製作した写真集です。
今年1月に地元北海道新聞社より刊行されました。


連休前半の好天から、霧雨に煙る朝になりました。

続きを読む

タウシュベツ川橋梁・春

北海道・十勝の旧国鉄士幌線廃線跡に残るコンクリートアーチ橋・タウシュベツ川橋梁。
もっともコンクリートの劣化が進む冬が過ぎ、春を迎えようとする糠平湖底に今も立っています。

 

今年1月には『タウシュベツ川橋梁』として北海道新聞社から写真集となりました。
岩崎量示写真集『タウシュベツ川橋梁』はこちら。

続きを読む

4月半ばの雪景色

今日は夜明け前から雪。
この時期に降る湿った雪は積もりやすく、みるみるうちに景色を白く染めていきます。

続きを読む

4月の雪景色

日中の気温がプラスまで上がり、日を追うごとに糠平湖底の音更川の流れが太くなります。

湖底に広がる荒涼は人造湖ならではのものかもしれません。

続きを読む

タウシュベツ川橋梁情報

3月も残りあと1日となりました。
糠平湖にはまだ氷が張っていますが、気温も空模様もすっかり春めいています。


今月も、各媒体等を通じてタウシュベツ川橋梁の情報が流れる機会が多くありました。

3月20日発売の隔月刊誌『旅と鉄道 5月号』では表紙にタウシュベツ川橋梁が取り上げられています。

続きを読む

3月も残りあとわずか

雪解け水の流れる音更川が湖底を削り、数日前とはまた川筋が変わっていました。
日中の気温は10℃を超え、水量も一段と増えているようです。

北海道ローカルマーケットのサイトではインタビュー記事の第4回までが公開になっています。
全9回の長編記事です。

続きを読む

早朝の糠平湖底

<お知らせ>

1)岩崎量示写真展『華氏0度』オリジナルポストカードセットの販売を開始しました。写真展期間中に会場にて販売するほか、本日よりネットショップでも先行販売しています。限定製作のため売り切れ次第販売終了となります。ご了承ください。


続きを読む

春分過ぎて

<写真展『華氏0度』 開催のお知らせ>
2018年4月20日(金)-26日(木)
10時~19時(最終日は16時まで、入場無料)
フジフイルムスクエア内 富士フイルムフォトサロン東京
富士フイルムフォトサロン東京 公式サイト


春分の日を過ぎると、心なしか一段と春が近づいたように感じられます。

続きを読む

瀬音にぎやかに

暖かな日が続き、音更川から聞こえる水音もだんだん大きくなってきたようです。


タウシュベツ川橋梁アーカイブ公開スタート

この度、2005年8月から撮影を続けてきたタウシュベツ川橋梁のアーカイブを公開しました。
今年1月に出版した写真集『タウシュベツ川橋梁』(北海道新聞社)や、
以前製作したZINE『タウシュベツ拾遺』『80年目のアーチ橋』にも未収録の写真も多数公開しています。


<3月20日発売の『旅と鉄道 2018年5月号』の表紙はタウシュベツ川橋梁>
表紙のほか、誌面でも4ページにわたってタウシュベツ川橋梁が紹介される予定です。


続きを読む

春間近

昨夜から気温はそれほど下がらず、日中もプラスのままの暖かな一日になりました。

森の廃線跡ではひさしぶりにエゾシカを見かけました。

続きを読む

額装できあがり

写真家のオリジナルプリントを取り扱う WePhoto では、タウシュベツ川橋梁や、4月に個展でお披露目する『華氏0度』シリーズからのオリジナルプリントも取り扱っています。
僕の写真は現在13点をそろえ、A4から全紙サイズまでのご注文を受け付けています。

WePhoto

昨日はお願いしていた額装の仕上がりを確認に、帯広市内の弘文堂画廊へ。
良い仕上がりになっていました。


<写真展『華氏0度』のお知らせ>
会期:2018年4月20日(金)-26日(木)
10時―19時(最終日は16時まで)、入場無料
20日(金)、21日(土)、22日(日)の15時から、30分間ほどのギャラリートークを開催します。
会場:富士フイルムフォトサロン 東京
作家は毎日在廊の予定です


続きを読む

霞む朝

<写真展『華氏0度』開催のお知らせ>
2018年4月20日-26日
富士フイルムフォトサロン東京にて個展を開催します。
富士フイルムフォトサロン東京


春めく霞のかかる朝でした。

続きを読む

光落つ森

気温が0度にも満たないとは思えないほど、春の強い日射しは暖かさを感じさせます。

続きを読む

春近づく雪景色

<写真集『タウシュベツ川橋梁』発売中>
1月25日に北海道新聞社から上梓した写真集『タウシュベツ川橋梁』は全国の書店はじめAmazon等ネット書店でもお買い求めいただけます。

音更川の流れが徐々に広がってきました。
もう真冬のような厳しい冷え込みはなく、少しずつ春が近づいているのを実感します。

続きを読む

2月もおわり

例年になく早く、2月中旬過ぎには立ち入れなくなった糠平湖。
日射しにも、心なしかもう春らしい力強さを感じられます。

それでも早朝の気温は氷点下20℃を下回ることも。

続きを読む

森を抜けて

氷が割れ、湖上への立ち入りが制限された糠平湖。
音更川の流れがだんだんと現れてきました。

続きを読む

シーズン最後

糠平湖の水位の低下が進み、例年より2週間ほど早く、明日20日で湖上への立ち入りが最終日となります。

続きを読む

写真集『タウシュベツ川橋梁』出版記念イベント レポート

1月29日 北海道新聞朝刊 全道版にて紹介いただいた写真集『タウシュベツ川橋梁』の出版記念イベントが
2月9日-13日の5日間、札幌市・道新DO-Boxにて開催されました。さっぽろ雪まつりとも重なった期間中には
多くの皆さんにご来場いただき、おかげさまで盛況のうちに幕を閉じることができました。

会場では、2013年に東京で開催した個展『タウシュベツ拾遺』からの写真を展示したほか、
当会場に合わせて編集したショートフィルムの上映や各日2回のトークイベントも行いました。
また会場BGMとして、Jazzピアニスト石井彰氏のご厚意でChamber Music Trioの発売したばかりの
新譜『Silencio』を流すことができました。叙情性に富んだ世界観が、本会場の雰囲気を一層盛り立てて
くれたことは、ご来場くださった皆さんにはとくに深くご理解いただけると思います。

Chamber Music Trio 『Silencio』

続きを読む

春近く

札幌市内で開催した写真集『タウシュベツ川橋梁』出版記念イベントには多くの皆さんにご来場いただき、
おかげさまで盛況のうちに会期を終えることができました。どうもありがとうございました。

好評をいただいた会場BGMは、Jazzピアニスト石井彰さんのChamber Music Trioの新譜『Silencio』です。
『Silencio』のご購入はこちら

糠平湖底に氷の割れ目が目立ち始めました。
湖上への立ち入りはもうあとわずかで禁止となりそうです。

湖畔のキノコ氷、またはクラウンアイスの数もピークを迎えています。

続きを読む

写真集出版記念イベントは明日まで

1月25日発売の写真集『タウシュベツ川橋梁』(北海道新聞社)は、おかげさまでAmazonでの売り上げも好調のようです。
先週末から開催中の出版記念イベントは残すところ今日と明日13日の15時までとなりました。
会場では写真の展示のほか、当会場だけでのタウシュベツ川橋梁のショートフィルム上映や、
1日2回(11時~、15時~)のトークイベントも行います。お時間ありましたらぜひ足を運んでみてください。


写真集『タウシュベツ川橋梁』出版記念イベント開催中

写真集『タウシュベツ川橋梁』発売に合わせて開催中の記念イベントは明後日13日午後3時までです。
北海道札幌市・道新ビル1F 道新DO-BOXにて、10時~19時まで開場しています。
会場では写真の展示に加えて、ショートフィルムの上映も行っています。また11時~と15時~の1日2回のトークイベントも開催します。
どうぞお立ち寄りください。


例年より早く


<写真集『タウシュベツ川橋梁』発売記念イベントのお知らせ>
2月9日(金)~13日(火)の5日間、札幌市・道新DO-Boxにて写真展・ギャラリートーク等のイベントを開催します。
https://www.facebook.com/events/139028343431826/


春を感じさせるような強い日射しの下のタウシュベツ川橋梁。
水位の低下が早い今シーズン、すでに橋梁の全体が姿を見せています。

続きを読む

春のような

青空に白い雲が浮かび、強い日射しが雪を照らすと春のような暖かさを感じます。

続きを読む

雪上がりの空

<写真集『タウシュベツ川橋梁』発売記念イベントのお知らせ>

写真集『タウシュベツ川橋梁』(北海道新聞社)発売に合わせた写真展・ギャラリートーク・販売会を札幌市内で開催します。
展示は2013年から東京・大阪など各地を巡回した個展『タウシュベツ拾遺』からの抜粋、他に会場で近作のスライドショー等を予定しています。

FACEBOOKイベントページ

2018年2月9日-13日
北海道札幌市・道新プラザ DO-Box(北海道新聞社1F)
午前10時―午後7時(13日は午後3時まで)
各日11時~と15時~の2回ずつギャラリートークを行います。

入場無料



続きを読む

風物詩

キノコ氷とも、クラウンアイスとも呼ばれる冬の糠平湖の風物詩が林立しています。


続きを読む

写真集『タウシュベツ川橋梁』発売です。

糠平湖上では時折強い風が吹き、雪煙が舞い上がっていました。

王冠に見立てて「クラウンアイス」とも、キノコ氷とも呼ばれる糠平湖の冬の風物詩も数が増えてきました。

続きを読む

写真集『タウシュベツ川橋梁』明日発売開始です。

夜に降った雪が積もったままの今朝の樹海には静けさが漂っていました。

写真集『タウシュベツ川橋梁』(北海道新聞社)の発売はいよいよ明日となりました。
すでに手元には本が届きました。紙の質感も印刷もよい感じの仕上がりです。

ただ、先日の雪の影響で書店の店頭に並ぶのは1,2日遅れそうです。
道内書店・道外大型書店を中心に、今週末には手に取っていただけるはずですのでもう少しお待ちください。

Amazonでは今のところ予定通りの発売日での発送となりそうです。


続きを読む

星夜タウシュベツ


タウシュベツ川橋梁はじめ旧国鉄士幌線のコンクリートアーチ橋梁群を取り上げ、昨年放送されたNHK番組「ニッポン印象派」『鉄路の記憶』の再放送があります。
1月26日(金) 午後7時~ NHK BSプレミアム

続きを読む

冬霧

<写真集『タウシュベツ川橋梁』発売のお知らせ>

写真集『タウシュベツ川橋梁』(北海道新聞社)は来週25日発売です。


冬には珍しく霧の立ち込める朝でした。

続きを読む

-20℃

風と雪の強い日が過ぎて人々の足跡は雪の下に消え、静けさに包まれた今朝は冷え込みが強まりました。

続きを読む

写真集『タウシュベツ川橋梁』出版のお知らせ

旧国鉄士幌線に残るコンクリートアーチ橋・タウシュベツ川橋梁の写真集『タウシュベツ川橋梁』(北海道新聞社)の出版が決まりました。

『タウシュベツ川橋梁』
発売日:2018年1月25日
A4変形・112ページ・オールカラー
定価:2,430円(税込)

2005年以来撮影を続けているタウシュベツ川橋梁の写真をまとめた一冊です。
Amazonでは現在予約を受け付けています。


月明かりの下で

穏やかに三が日が過ぎ、雪もようやく止んだ明け方の空にはまだ真円に近い月が残っていました。

朝日に赤く染まる山を見られたのも久しぶりです。

続きを読む

あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。

2018年の北海道・糠平は雪景色で始まりました。

続きを読む

タウシュベツ川橋梁 冬シーズン

糠平湖上への立ち入りが本日から解禁されました。
湖の水位は昨年同時期よりも2,3メートル低く、タウシュベツ川橋梁のアーチ部分もすでに氷上に見えています。
このまま水位の低い傾向が続くと、今シーズンは2月下旬頃には氷上への立ち入りが規制されそうです。

続きを読む

氷雪の季節

湖に張った氷が厚みを増しています。

続きを読む