タウシュベツ川橋梁

<タウシュベツ川橋梁の概要>

タウシュベツ川橋梁は旧国鉄士幌線(帯広―十勝三股、1987年廃線)に造られたコンクリートアーチ構造の鉄道橋。全長130メートル、高さ11メートル(※)、直径10メートルのアーチが11連なる。

 

北海道河東郡上士幌町の北部、大雪山国立公園内の糠平湖畔に立つ。糠平湖は水力発電用の人造湖であるため、電力需要に応じて1年を通じて水位が大きく上下する。そのため、タウシュベツ川橋梁も1年を通じて水没と出現とを繰り返す。

 

おおまかに、冬季は一貫して水位が下がる。その速さは1日におよそ20~30センチ。4月下旬頃に最低水位となり、この時期はタウシュベツ川橋梁の全体を見ることができる。

 

やがて雪解け水が湖に流れ込み、水位は徐々に上昇する。年によって大きくことなるが、6月頃から橋が水に浸り始め、秋の終わりころに糠平湖が満水となる頃には、タウシュベツ川橋梁全体が水に浸かり、その姿を見ることができなくなる。

 

12月下旬、糠平湖が凍りつく頃になると再び水位は下降に転じ、1月初め頃から、橋は再び氷上に現れる。

 

1年間のうち、橋を間近で見ることができるのは、糠平湖が結氷している1月中旬から2月下旬と、雪がなくなってから橋が水没するまでの、4月下旬から夏頃まで。タウシュベツ川橋梁が水没する時期は、降雪・降雨量や、電力需要に大きく依存しているため、年によって大きく異なる。


北緯43度24分、東経143度11分。

※高い部分で。橋に勾配があるため、南北両端で高さが異なる。

タウシュベツ川橋梁は、1937(昭和12)年に建設されたコンクリートアーチ橋。もともとは旧国鉄士幌線(帯広―十勝三股)で使われた鉄道橋だが、1955(昭和30)年、水力発電のために音更川を堰き止める糠平ダムが造られた際に誕生した糠平湖に水没した。

士幌線の線路は湖の対岸へと移設され、1987(昭和62)年に廃線(糠平―十勝三股間は1978年休線)となるまで使われた。

 

 

<タウシュベツ川橋梁の概要>

<タウシュベツ川橋梁の歴史>

 

<周辺のコンクリートアーチ橋梁群>

<訪れ方>

<写真アーカイブス>